YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, July 21, 2018

PIERCE BROSNAN 2018

PIERCE   BROSNAN    2018

「マンマ ミーア! ヒア ウイー ゴー アゲイン」 (18)に再び出演しているピアース ブロスナン。
63歳ですが、さすがにスリムな体と完璧に日焼けして、たるみの全くないハンサムなルックスを維持して、その上に写真を撮られる時の意識がまた、プロ根性を覗かせています。
「007シリーズ」5代目のボンドを演じたのが95年、もう320年以上も前だとは!

インタヴューの時もテーブルの前に両手を揃えて、お行儀よく座っていましたし、パパラッツイが捉えた外での写真でもポーズを決めて、24時間男性モデルを務めているよなのは、職業意識が習慣になったからでしょうか?

返答も多少のウイットに、英国(アイルランド生まれの誇りを持っていますが)ならではの自虐コメントを取り混ぜて、洒脱な会話を交わします。
表情もスマートで、セクシー、こんなに素敵なミドルエイジで良いのかしらと頭をかしげてしまいました。

例えば共演のステラン スカースガードは十分にお気楽なおっさんモードになっていましたから。

ピアースにはこれまで何10回と会ってきましたが今回ほどほとんどコミカルな2枚目スターとしての意識的なモードは初めて。ストックホルムという外国都市で、助演者として参加したために観光客の気分も影響していたのかもしれません。

初めてインタヴューしたのは確か「ミセス ダウト」(93)でした。ロビン ウイリアムスがヘビーメークの太っちょの家政婦役、ピアースは彼女が働く家庭の素敵な旦那様役でした。

007役を除いて「トーマス クラウン アフェアー」 (99)と「テイラー オブ パナマ」(01)が記憶に残る彼の特徴を生かしたユニークな映画でしょう。
「マタドール」(05)も元有名スパイの彼の持ち味を生かしたコミカルな作品。
アイルランド生まれの情愛を込めた「エヴェリン」(02)
も小粒でピリッとした父性愛のドラマです。
最近では「愛さえあれば」LOVE IS ALL YOU NEED(12)がやるせないほどロマンテイックですし、珍しくジャッキー チェンと共演した「ザ フォーリナー」(17)も結構楽しめます。

1953年5月16日 アイルランドのミース州ナバンに育ち、大工だった父親は彼が赤ん坊の時に家出をし、一人っ子だったピアースはほとんど祖父母の世話になったそう。

4歳の時に母の仕事先のロンドンに移り、演劇に興味を持つようになり、舞台をスタートにテレビ、映画と発展、テレビシリーズ「レミントン ステイール」(82−86)の主役に抜擢され、以後は洗練された男性の役がおはこになります。

リチャード ハリスの兄弟のダーモット ハリスの妻だった豪州出身の絶世の美人女優、カサンドラ ハリスと80年に結婚、彼女が癌で亡くなる 91年まで懸命に看護したエピソードは有名、二人の間には83年生まれのショーンという息子が一人、カサンドラが亡くなった時のタブロイドのセンセーショナルな記事を今も覚えているほどでした。

カサンドラが81年の007「フォア ユア アイズ オンリー」のボンドガールになった縁で、ピアースは「レミントン ステイール」の役を得たと言われます。

その後ジャーナリストのキーリー シェーン スミスと01年に結婚、二人の間にはデイランとパリスと二人の息子が生まれています。
キーリーは年と共にかなり太めになってきましたが、ピアースは「整形手術などの人工の手段で細くなったりしたら離婚する!」と宣告しているそう。なんとも素敵なハズバンドではありまんか。

永遠にスリムでハンサムなピアースが公共の席でキーリーにキッスをしたり、ベタベタする姿がなんとも微笑ましいのです。彼女のぽっちゃりとしたボデイーがピアースに平和で、安全な気分を与えてくれるのでしょうか。

ツーショットはこのほかに数枚あるのですが、例によって靴箱の中で眠っているようす。

「マンマ ミーア 2」ではまたもや歌ったり、踊ったりしていますが、余興の域を出ていないのがご愛敬です。


先日深夜トーク番組で「バーブラ ストライザンドの前で歌を披露したら彼女の愛犬に噛まれてしまった」と愉快な打明け話をしていました。

ボンド時代のショットでしょう。
モデルの息子のデイランと妻のキーリーと。
妻のキーリーと。しょっちゅう妻の体に触れています。
愛する夫人のキーリーとゴールデングローブ授賞式で。
最初の妻のカサンドラと。
現夫人のキーリーの若い頃と現在。


若いレミントン ステイール時代のショット
渋さが加わってシニアモデルとしても上等です。





2018 左から、コリン ファース、ピアース、ベニー アンダーソン、ステラン スカースガード。
2018  張り切って歌っています。
2018 左は娘になるアマンダ セイフリッド
2018  ピアーズ、ステラン、コリン。
2018版のポスター

2008 手を握ってくれるというサービス精神が素晴らしいのです。




2008 ギリシャの「マンマ ミーア」珍しくスターが目をつぶっています。


2006「セラフィム フォールズ」お髭がよく似合います。


2012「愛さえあれば」

2018「マンマ ミーア!2」

ピアースは日焼けしすぎなのか、顔がちょっとこわばっているように見えます。

2018 ストックホルムでのインタヴュー。少しずつ二人の動きが違います。



何を言って大笑いしていたのか、もう忘れてしまいました。






Wednesday, July 18, 2018

STOCKHOLM SCENES #3 LAND/WATER RIDE

STOCKHOLM SCENES #3 LAND/WATER RIDE

「マンマ ミーア!2」のインタヴューを終えてから、スタジオのアレンジで、水陸両用車に乗ってのシテイー観光に行きました。
Amphibious car と英語では言いますし、カエルやカモノハシのような
水陸両生動物も Amphibian と同じ言葉を使います。

ずっと前にボストンで同じようなツアーに参加しましたが、ストックホルムではこの車兼船はまだたった1隻で、ボストンのアイデアを借りて、スウェーデンのボルボの車体に船の機能を取り付けたとか。
ボストンの目抜通りでは頻繁に見かけますが、ストックホルムでは唯一の乗り物なので、人々が止まって不思議そうに眺めていました。

ホテルからまず有名な国王の住む宮殿や市庁舎、広大な国王の庭園などを見て、波止場からしずしずと水の中に進んでいくのがかなりのスリルでした。何しろ運転手殿がまだ2度目とか、おまけに以前にも何度か沈んだりの事故があったとガイドが大げさに強調するのですから。

夏なので水の上ではボートや船がたくさん行き交い、そのたびに歓声を上げての反応があって、私たちは皇族よろしく、おもむろに手を振って答えました。

ヨーロッパで最も古いというアミューズメント パークは狭い敷地に目一杯ジェットコースターの類が建っていて、近未来都市のようです。
そこかしこが美しい王様の領地ですが、民間人が気軽に公園として利用しています。スウェーデンのロイヤル ファミリーが人々に慕われている様子がよく感じられました。

空気が綺麗なせいか、空は真っ青、水は澄んでいて、赤や黄のヨットやボートが絵葉書のよう、コダックの宣伝(古いですが)のように鮮明な色彩を見せてます。

70分のライドはジョークのタイミングもプロはだしの、若いナイスガイのガイドのせいもあって、楽しく充実した観光ツアーとなり、普段は世界中を旅した経験を持つシニカルなジャーナリスト連中もニコニコしていました。


 
何しろ眩しいのです。

話が上手で若いガイドさん。















建て込んでいるために、さらにスリリングな遊園地。

Monday, July 16, 2018

STOCKHOLM SCENES #2 JULY 2018

STOCKHOLM   SCENES  #2  JULY 2018


ストックホルム滞在中は「アバ」のミュージカル映画
「マンマ ミーア! ヒア ウイー ゴー アゲイン」 (18)のインタヴューに加えて、W杯が終盤戦になって、
夜はもっぱらホテルの中の特別に設けられたシアターで観戦。もっともスウェーデンが敗退してからは、応援に来る人は少なく、ナショナルカラーというより、イケアの宣伝に見える青と黄色の幟や風船が寂しく飾られています。

親しいベルギー人のクリステインと一緒に応援した時は、この風船に彼女が持参したベルギーの国旗をかぶせてわーわーと騒ぎました。が、残念、フランスに敗れて、クリステインはホテルの前の運河に身投げすると宣言。(もちろん冗談ですが、自宅から国旗を持参するほどの愛国的サポーターなのです)

11日は英国人のアダムと英国対クロアチア戦を応援、こちらも残念ながらハングリーで強靭なクロアチアが2−1で勝ち、ファイナルはフランスとクロアチアに。

そんなわけで、ストックホルムの夜は素敵なレストランなどに行かず、ホテルのがらんとしたシアターでハンバーガーとポテトフライにビールを連日という羽目になりました。

ホテルのガーデンレストランの前でおひげのハンス。

このブラウスは友人の「マチコ ジント」 のデザインです。スカートは私が前から持っていたもので    偶然色が合ったのです。

庶民的ショッピング区域の角。

ホステルのような寝泊まり出来るヨット。

17世紀の王様の像

後ろに泊まっているグランド ホテルが見えます。

オペラのポスター、4個の乳房が!
ベルギーの国旗持参のクリステイン。

グランド ホテルのガーデン レストランとの前で。
オペラ座の前。
ホテルの前でジャネットと。

面白い形の公衆トイレ。

ホテル内のシアターでW杯観戦、すでにかなり前にスウェーデンが負けた後なので、がらんとしています。後ろの席で応援中なのは英国人のアダム、残念!イングランドはクロアチアに負けてしまいました。