Posts

ROBERTO BENIGNI

Image
  ROBERTO BENIGNI 「ライフ イズ ビューティフル」(97)LIFE IS BEAUTIFUL 、イタリーのユダヤ人収容所でナチに虐待されながらも笑いで苦労を凌ぐ男を演じてオスカー主演男優賞(非英語圏では初めて)と外国映画賞の2個を受賞し、授賞式では名前が呼ばれると劇場の後ろの方から椅子をホップジャンプして舞台に駆け上がり、プレゼンターのソフィア ローレン SOPHIA LORENに抱きついたロベルト ベニーニ。 なぜ同じイタリー人のローレンがプレゼンターだったのか?前もって分かっていたのではないか?などと言う疑問の声が上がりましたが、どちらにしろ、あの瞬間は歴史的な興奮を醸し出しました。 今日10月27日は彼の69歳のお誕生日。今まで3回程会った事がありますが、まあ、毎度、あの授賞式にもめげない大興奮大会で「ライフ イズ ビューティフル」のまんまの、人を喜ばせるために激しく生きているようなロベルトなのです。 1952年10月27日 イタリーのマンシアノ MANCIANO に、ロベルト レミジオ ベニーニ ROBERTO REMIGIO BENIGNI として、煉瓦工にして大工の父親と織物工の母親の間に生まれ、少年時代から舞台に立つ芸人を志していたそう。1971年にローマに行き、テレビで喜劇を演じていましたが、排便の状況を生々しく上演して放送規則のセンサーに触れて、ボイコットされたり、その後もタブーを破っての過剰なパーフォーマンスをして、有名になると同時に、注意人物でもありました。 1991年に女優のニコレッタ ブラッシ NICOLETTA BRASCHI と結婚、ほとんどの映画で夫婦共演、イベントにも常に揃って登場の睦まじい仲で知られています。 「ピノキオ」PINOCCHIO(02)はロベルトの意欲作でトスカニーで凄まじく貧乏な暮らしをした父親への情愛を込めて監督、主演、その後は、ワンマン ショウの舞台劇「ツットー ダンテ」TUTTO DANTE (ダンテの全て)をまず、ヨーロッパで2006年から7年まで公演、2008年から9年はアメリカで巡業して成功を収めています。 2019年には再び「ピノキオ」に、今回はお爺さんのジェペット役に挑戦、アカデミー賞の衣装とメークアップ部門でノミネートされました。 人懐っこいなんてレベルでなく、もうびっちゃり!くっ

OXNARD DAY 2 OCT 20 2021

Image
  OXNARD DAY 2 OCT 20 2021 10月20日(水) 朝のお散歩で「シーブリッジ」SEABRIDGE の中の湾に面したボート用デッキときれいなお家の通り、数多くのワンちゃんを見てから、カルメンが用意してくれた朝食、ドイツのパン、チキンレバーのパテ、チーズ、ジャムなどを頂いて、エルマーの車でオックスナード観光をしました。 その昔は「チュマシュ」CHUMASH というインディアンが住んでいたそうでローカルのお祭りの名前やら文化会館の名前に使われています。マリーン博物館には素晴らしい船の模型があるとエルマーの説明、もうひとつの美術館もこのように小さな町にしては内容が詰まっていると博識のエルマーが感心していました。 湾が海に繋がる場所に出ると砂浜に約50匹(?)ぐらいの「アシカ」SEA LION  が大声で喚いています。すごい音量でそばにいると頭に響いて痛くなるほど。近寄ってはいけないと警告板が立っていますが、ユーモラスな動物なので見物人がかなり傍まで行って写真を撮っていました。 のどかで、設備が整っていて、モダーンで、清潔なオックスナードの街がすっかり気に入りましたが質素な家でも約80万ドルという高級住宅地ばかりです。ハーバーに面した家など200万ドル以上の物件ばかり。ロスアンジェルスでは巨大な問題のホームレスもほとんど居なくて、理想的な環境でした。 帰途につく時もまだ、車の鍵のバッテリーが心もとないので多少不安な気分で運転、ご安心下さい、無事に家に到着。 お隣のヴェラが17日のお誕生日に、マイクの家族から届けられたという花束を渡してくれて、嬉しいお迎えとなりました。 オクスナードのアシカ 愛犬、アイカを赤ちゃんみたいにあやすエルマー 朝のお散歩の太陽 湾内の風景 「シーブリッジ」のゲイト アシカ ギャーギャーとすごい声で鳴きます。 アシカ と ハンス ハンストエルマーは、ほとんど同い年、ドイツ人同士 エルマーたちの居間 エルマーの家の正面、ワタクシの鍵トラブルの車 アイカと寝ぼけ眼のカルメンと。 階段から広い2階に続きます。 ひょうきんなアシカ (ネットから) 風光明媚なオックスナード (ネットから) 1837年 メキシコ統治時代の地図 (ネットから) (ネットから) 帰宅して受け取り、水を取り替えたバースデー フラワー。

OXNARD OCT 19 2021

Image
OXNARD  OCT 19  2021 10月19日(火) 車の鍵のバッテリー問題で、車を止めずに次の目的地、オクスナードまでまっしぐら。約2時間のドライブは紺碧の太平洋を右に見て南下します。 オクスナードに最近引っ越してきたエルマー ELMAR とカルメン CARMEN の広くて綺麗な家に到着、ほっと安心のため息。息子さんから一時預かっているまだ6ヶ月の赤ちゃんのワンちゃん、アイカが飛び跳ねて喜んで迎えてくれます。 まず気がかりな車の鍵のバッテリーを近所の薬屋で買ってからエルマーが友人のクルーザーに付いているデインギー ボートDINGHY BOAT でオクスナード湾を案内してくれました。デインギーと聞くとすぐにナタリー ウッド NATALIE WOOD (1938−1981)がクルーザー船からデインギー ボートに乗り移る時に海に落ちて死んでしまったという悲劇を思い出します。実際、船から渡る時、ゆらゆら動いて非常に不安定で、あの夜は嵐っぽい夜だったと聞いてますから、酔っ払ったウッドの足取りはかなり危なっかしかったに違いありません。静かな水の上でもバランスの悪いハンスはほとんど落っこちそうになって、あわてて助けたのでした。 オクスナードには州内最大のヨットハーバーがあるそうで(エルマー説)空きのスペースがないほどにボートや船やヨットがぎっしりと詰まっています。それぞれの船の名前が凝っていて、ユーモラスでクリエイテイヴなので、読み上げては3人で大笑い。ホンモノの犬やら、まがい物の犬がデッキに出ていてこれも微笑ましい光景です。小一時間 迷いながらも湾内をほとんど隈なくカバーして、ちょびっと寒い思いもしましたが、楽しいクルーズとなりました。 夕食はギリシャのお米とハーブを葡萄の葉っぱに包んだドルマ DOLMA をオードブルにお二人の30周年、ワタクシのお誕生日をシャンペンで乾杯、それからカルメンの手作りのサラダとパスタをゆっくり、美味しく白ワインとともに頂きます。 お次はお決まりのウイスキー テイスティングがエルマーとハンスの間で始まって、カルメンとワタクシはソファの上でワインをすすりながらリラックス。 コロナ期間をどう過ごしたか、ハリウッドの丘の上の大きくて古い家からこの明るくて居心地の良い家に移った経過、子どもたち、孫たち、それぞれの病気(シニアに付きものの話題です)