YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, May 29, 2017

DIANE KRUGER 2017

DIANE  KRUGER  2017

ドイツ生まれのダイアン クルーガーの本名とドイツ式読み方は、Diane Heidkruger デイアーン ハイドクルーガー。なんと昨日終わったカンヌ映画祭で最優秀女優賞を受賞しました。「イン ザ フェイド」(17)IN THE FADE と言うドイツ映画でテロリストの犠牲者の母親を激演しての受賞で、初めてのドイツ映画でドイツ語での役でした。

1976年7月15日、ドイツのアルゲルミッセンと言うハイデルベルグの近くに、コンピューター専門家の父と銀行に勤める母の間に生まれ、英語を話すようにと留学したり、バレリーナを目指して英国はロイヤル バレー団に合格したものの怪我のために断念、そのあとはモデルとなって活躍といろいろな経験を経て、フランスのパリで演劇学校に通い、92年に映画デビュー。
フランス人俳優のギヨーム カネと01年に結婚したものの、06年に離婚、すぐにアメリカの俳優のジョシュア ジャクソンと交際が始まり、タブロイドの標的になってましたが、16年位別れてしまいました。
初めて会ったのは「トロイ」(04)でトロイのヘレンを演じた時。ブラッド ピット主演の俗に言うサンダルもの(ローマやギリシャの衣装はサンダルがつきもの)の時代劇です。
美しくて、気が強そうな顔がいかにもドイツ人で、きっぱりとものを喋り、意味のない愛嬌など全く見せず、すでに母国語のドイツ語、フランス語、英語を流暢に操る「シャープな才媛」として、ハリウッドでも注目の若手スターの自信と誇りに溢れてました。

以来ハリウッドの映画に続けて出演、「イングローリアス バスターズ」(09)ではレジスタンス運動に加担するナチドイツのスター女優の役を演じましたし、「マリー アントワネットに別れをつげて」(12)では、あの世間知らずな王妃役、13年からはテレビシリーズ「ブリッジ」でメキシコ国境で犯罪を取り締まる、タフな女性警官役を凛々しく演じてました。
フランス映画には出てましたが、今回の受賞作が初めての母国のドイツ映画というのも、びっくりです。
モデル出身だけに、いつも大胆な、または不思議なデザインの服を着て現れます。





「イン ザ フェイド」の監督のトルコ系ドイツ人のファテイ アキンとカンヌ映画祭の前に、「絶対に入賞しない!もし入賞したら、タトウーを彫る!」という約束、というのか、願いを込めた誓いを交わしたそうで、これから彼女の腕に、約束の監督の出身地のハンブルグのシンボルのアンカー(錨)のタトウが現れますか、どうか!?楽しみです。
恋人だったジョシュア ジャクソンと。


夫君だったギヨーム カネ と。


2009「イングローリアス。。」での女優役

2017「イン ザ フェイド」

2013−14 テレビシリーズ「ブリッジ」

2017「イン ザ フェイド」から。

2004「トロイ」オーランド ブルームと。

2004「トロイ」

シャープなカットのユニークなデザインが好きなようです。

カジュアルなショーツもダイアンが着るとシックに。

ショーツ風の裾がお好きなようでもあります。

Sunday, May 28, 2017

UZO ADUBA 2017

UZO  ADUBA   2017

ウゾー アデユバ。本名は Uzoamaka ウゾアマカ (これから歩む道は素晴らしい、といった意味だそうです)というナイジェリアの名前を短縮して、ウゾーと呼ばれてますが、目下 好評で第5シーズンを迎えたテレビシリーズ「オレンジ イズ ザ ニュー ブラック」でエミー賞受賞の大活躍を見せてます。
女性用刑務所ドラマで、ウゾーは「クレイジー アイズ」と呼ばれる服役囚を、生々しく、リアルに激演中。
間にも書きましたが、このドラマのオーデイションに落ちたら、違う仕事を選ぶと決意しての運命の役だっただけに、彼女の役作りには、命がけのパワーが感じられます。

実際に会うと、ウゾーの知性、整った話し方、まず自分を笑う喜劇タッチ、共演者を立てる控えめな姿勢、人生一般に対する真摯な考え方がジーンと伝わってきて、こちらまで姿勢を正してしまうのでした。

「テレビの仕事の合間に、ロンドンのウエストエンドで舞台に出たのよ!フランスの喜劇で、ものすごく怖かったけれど、やって良かった!やればできる。未知のものへの挑戦が自分をより大きくしてと実感したもの。
テレビ ドラマからの反応にもいつも感動してしまうのよ。実際に服役した女性達からの支持も強くて、WPA (Women's Prisoners Association)からの手紙や要請には極力応えています。出所してからも差別されたり、家族から白い目で見られたりする彼女達に公平で、優しい援助の手を差し伸べたいと、共演者達と協力して、運動に励んでいます。彼女達にとって最も辛い時は、刑の執行を言い渡される前ですって。そういう精神状態を色々学んで、この役を演じる栄養にしているのよ」

1981年2月10日、マサチューセッツ州のボストン生まれ、ボストン大学では、古典の声の出し方の研究をし、スポーツも得意で、陸上部で活躍したそう。

「最近のミシェル オバマとか、オスカー授賞式に出てきたアフロヘヤーのハリー ベリーが黒人の天然のチリチリの髪で出てきて、私はすごく嬉しかった。ほとんどの黒人の女性はチリチロの髪をまっすぐに伸ばして、ストレートにしているけれど、やっぱり自然のままで美しいって大事なことですもの!私も天然の髪のまま、公共の席に出る勇気を持てそう」
と話してましたが、そういえば最近の黒人女優はほとんど、まっすぐに修正した髪で出てくるのですね。
まっすぐにするプロセスは化学薬品を使うので、髪に悪いと言われています。それぞれの人種には色いろと私達の知らない美容上の努力があるのです。
少し前のウゾー。

2017  ORANGE IS THE NEW BLACK
2017年のオスカー授賞式でのハリー ベリーのアフロヘヤー。

ミシェル オバマの自然の髪とストレートにした髪。

「オレンジ。。」でのウゾー。


Friday, May 26, 2017

EUGENIO DERBEZ

EUGENIO  DERBEZ

メキシコのジョージ クルーニーとでも言いましょうか、 ユージーノ ダーベズ は「サウス オブ ザ ボーダー」の大人気者にして、セックスシンボルなのです。
新作「ハウ トウ ビー ア ラテン ラーヴァー」  (17)は彼の十八番の自虐的喜劇で、それまではリッチなマダムたちのジゴロとして悠々自適な生活を送ってきたものの、寄る年波で仕事が激減、そのために痛々しい努力をして、ますますトラブルに巻き込まれていくというあらすじです。
1962年9月2日 メキシコのメキシコ シテイー生まれ、しっかりと演劇学校で演技を磨いて、まずは劇場で経験を積み、テレビに出るようになって、そのラテンのグッドルックスとシャープなウイットで「メキシコの2枚目スター」となります。179センチとメキシコの男性にしては大柄で、何よりも甘い表情が女性に大受けだったそう。
ハリウッドにやってきて「インストラクション ナット
インクルーデット」(13)(使用説明書なし)というコメデイーが大当たりして、アメリカでの人気も少しずつ上昇中です。
プロデユーサー、ライター、俳優、脚本とマルチ才能を発揮して、独特なお色気と、少しばかり泥臭いのも近寄りやすい魅力になって、これからハリウッドでも(メキシコ人が多く、地元のテレビ放送もレストランもメキシコ現地並みです)ユニークなラテン スターとして活躍するでしょう。
ルノーのフォーミュラワンに出場したレースカー ドライバーとしてものしたそうです。
共演は、おなじメキシコ出身のスター、セルマ ハイヤックと。


おバカな役をしていないときは知的な紳士です。

2017  HOW TO BE A LATIN LOVER
いろいろと恥ずかしい姿も見せなければなりません。

往年のグラマースター、ラクエル ウエルチと。

Wednesday, May 24, 2017

SEAN CONNERY IN IBUSUKI & ROGER MOORE'S PASSING

SEAN  CONNERY IN IBUSUKI & ROGER MOORE'S PASSING

大好きなショーン コネリーが「007は2度死ぬ」  (67)で指宿温泉を訪れたことから、今度の指宿旅行となったと書きましたが、なんと指宿駅から、フェニックス ホテルに向かうタクシーの運転手さんが、何度かショーンに会ったという秘話を伺うという偶然に巡り会いました。
アロハ交通の村田孝一さんという運転手で、撮影中のショーンと握手したばかりか、ハワイに長いこと住んでいたおじさんの家にショーンが来て、そこでお風呂に入った話、ショーンがお礼にとシャツをくれたこと、大男だったけれど、とても優しくて、人懐っこかったと思い出を話してくれました。

それにしても鹿児島の田舎に来たショーンが英語を話せる日本人の家に招ばれ、お風呂まで所望するというのが驚きです。村田家はスターなどというステイタスに全くこだわらないそうで、至極自然に接したそうです。
ショーンもその辺りに覚えをよくしたのではないでしょうか。それにしてもあの巨体でお風呂という図がなんとも愉快です。

さて昨日ロジャー ムーアが89歳で亡くなったというニュースが入りました。残念ながらロジャーに会ったことはありませんが、ボンドの中では最も軽い、洒脱な会話に溢れたロジャー007でした。
ショーンも「長い、長い友人関係を楽しんできた。彼との時間はいつもジョークと笑いに溢れたものだった」としのんでいます。
ロジャーは労働者階級の住む南ロンドンの警官の息子として生まれて、俳優になってから、あの洗練された口調や表情、センスを磨き上げたそうです。それでも自分の出自を忘れず、常に自分のことをまず笑い飛ばしての姿勢を保っていたそうで、その辺りに彼の気骨が覗きます。
ご冥福をお祈りします。
なんともハンサムなボンドでした。


晩年はスイスに住んでいたそうです。クリステイーナ夫人と。


仲良しのロジャーとショーン。

Friday, May 19, 2017

KELLY ROHBACH

KELLY   ROHBACH

ケリー ローバック。名前から察せられるように、父御はドイツ系。人気テレビシリーズ「ベイウオッチ」(1990−2001)の新映画版、「ベイウオッチ」で赤いスーパー ハイレッグの水着で浜辺を走り回るライフガードを演じています。
175センチの長身にブロンド、人懐っこいルックスのケリーは1990年1月21日、コネチカット州のグリニッチに生まれて、大学ではゴルフ部で活躍、そのグラマラスなルックを買われて、モデルに、そして世界が注目するスポーツイラストレイテッド誌の水着モデルに。
そして水着姿を生かしての「ベイウオッチ」で昔、ブロンドのグラマーギャルを演じた C J パーカーの役を得ます。

見るからにバービー人形ですが、話を始めると、その人となりの良さ、スピーデイーな返答、愛想の良さ、などから育ちの良さや、頭の良さが伺えて、これからは、ハイレッグの水着で勝負だけの役からずずんと前進するでしょう。

日本旅行中ですが、たまには新人を紹介しないと、という使命に燃えての記事でした。
2017 5月マイアミで。「ベイウオッチ」



2016 ロケーションでのショット。


Wednesday, May 17, 2017

SEAN CONNERY & YOU ONLY LIVE TWICE

SEAN   CONNERY & YOU ONLY LIVE TWICE

鹿児島を訪れる理由に007の映画に出てきたからと書きましたので、うん10年ぶりに「007は2度死ぬ」(「ユー オンリー リヴ トワイス」)(67)を見てみましたら、砂風呂は出てきませんでした。おそらく宣伝用のページでショーン コネリーが笑いながら砂に埋もれている写真を見たのでしょう。
1996「ザ ロック」ニコラス ケージと。




1967  浜美枝との結婚式!


若い丹波哲郎と。

必ず出てくる美女とのお風呂。



丹波哲郎と若林映子とおそらく姫路城

世にも愛らしいショット!

マーロン ブランド風日本人男性


ともかく当時のジェイムス ボンドのめちゃくちゃなアクション場面に改めてびっくり。最初のシーンは香港で、ここでいつものように中国美人とベッドを共にしているのですが、
美女に「中国人の方が良いでしょう?」と囁かれると
「うーむ。西洋の女性と東洋の女性では味が違うね。何がってはっきりとは言えないけれど。どちらも大いに美味である」ってなことを言って、したなめずり。突然女性が跳ね起きるとベッドが壁に吸い込まれ、この壁に向かって兵隊がガンガンと銃をぶっ放し、そのあと、英国海軍の水葬があって
ミイラのようにグルグル巻きされた死体が海に投げ込まれます。すぐダイバーたちが潜ってこの死体を引き上げて、ミイラの包帯を解くと、ネイビーの正装をしたボンドがにんまり。いつものようにボスのMの秘書のマネーペニーとセクシュアルなニュアンスがこもった挨拶をするのでした。

このお気楽さ、まったくリアリステイックではないおおらかさ、まだポリテイカル コレクトネスのない時代のボンドの東洋と西洋の女性の違いの見解!今のシリアスなボンドとは大違いで、時代の差を感じました。
この映画の中でボンドは日本人に化けるのですが、ギザギザの頭、妙な眉毛、引きつった目などのメークが「8月15夜の茶屋」(56)のマーロン ブランドに似ているということも発見。

さて、コネリーのボンドの大ファンだった私は、願望かなって、鹿児島の指宿に行くのですが、おそらく大観光地化したアジアの外人だらけの場所になっていると想像しています。

日本に来たものの時差で、朝の1時半からバッチリと目が覚めて、このような毒にも薬にもならない事を書きなぐっております。
「007は2度死ぬ」 日本撮影50年の記念碑!!

Tuesday, May 16, 2017

JAPAN MAY 16 - 27 2017

JAPAN  MAY 16-27   2017

5月16日は生きていれば母の92歳のお誕生日です。
そのお祝いとお墓参りを兼ねて、日本に行くのですが、
今回は娘とその友人を伴って、九州観光もすることになりました。
その昔007ジェイムス ボンドも訪れた鹿児島の指宿温泉の砂風呂に是非とも入ってみたいと、ここが最初の観光地、それから長崎に行って、映画「サイレンス」(16)の隠れ切支丹の教会跡なども見たいと思ってます。

娘たちはそのあと、奈良や大阪、日光などを見て回りますが、私は6月初めに今年4回目のロンドンの旅、次はドイツのミュンヘンと再び怒涛の旅のスケジュールが待っているので、27日にロスに戻ります。

かなりのハードな旅行になりそうなので、しばらくブログはお休みするかもしれません。
母の写真を少し載せてみました。
80歳のお誕生日、バークレーのホテルで。


1944年頃の帝国ホテルでの結婚式の花嫁の母。

ウッドランド ヒルズに住んでいた時、愛犬のスキ、母、ハンスと有美。

左から母、私、叔母、祖母。品川区旗の台の家で。

母86歳か、87歳の時。大船の「ブランコ」というレストランで。