YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, February 6, 2014

ALAN ALDA

ALAN   ALDA


アラン アルダと言うシンプルな名前で有名ですが、本名は、ALPHONSO   JOSEPH  D'ABRUZZO と長いイタリー系の名前です。父親も俳優でロバート アルダでしたから、ストレートにアルダを引き継いだのでしょう。

188センチの長身、鼻にかかったニユーヨーク訛りの声とインテリっぽい姿勢、に加えて人気テレビ番組「M. A.  S.  H. 」(1972−1083)の陸軍軍医の役が又、彼の博識ぶりのイメージに拍車をかけたようです。実際に現在のアランは、宇宙の人類の誕生などの科学分野にすっかり没頭して、一種のアマチュア博士の身分を楽しんでいるようですから。

1936年1月28日に,ニユーヨークに生まれたアルフォンゾは高校生のときから演劇活動に参加し、フォードハム大学に入るとシナリオなども書き始め、この頃、父に同伴してヨーロッパに行き、ローマでは舞台に、アムステルダムではテレビに出たそうです。

ブロードウェイの初舞台は「オンリー イン アメリカ」(59)、映画はデビューは、戯曲の映画化「GONE  ARE  THE  DAYS 」、そして,例の「マッシュ」のヒットで有名になりました。何にでも挑戦する精神に溢れていて、才気煥発のアランは軍医のホークアイを演じる傍ら、脚本や監督も手がけ、テレビのエミー賞で主演男優、脚本,監督賞を受賞したこともあります。
「マッシュ」撮影中はニユージャージーの自宅から毎週ロスアンジェルスのロケ地まで飛行機で通っていたのは、子供たちにバランスの取れた、まともな生活をしてもらいたいと言う親の心意気からでした。
アーリーンと言う奥方は、元ヒューストン交響楽団のクラリネット奏者で、1957年に結婚してから、ずーっと一緒という,大変に安定した平和な家庭を築いています。

ウッデイー アレン監督の「重罪と軽罪」(90)や「マンハッタン殺人ミステリー」(93)「EVERYONE  SAYS  I  LOVE YOU」などでは、いかにもニユーヨークっぽい皮肉屋を巧妙に演じてました。

当人は,軽妙洒脱,博識で,喜劇のタッチを充分に活かした会話の達人で、実に楽しい人です。

テレビ番組の「ウエスト ウイング」(99)でエミー賞、映画の「アヴィエイター」(04)でのブリュースター上院議員役ではアカデミー賞、そして舞台の「グレンガリー グレン ロス」(05)でトニー賞と演技賞の3冠王でもあり、1995年にはニユージャージーのビル ブラッドレー議員が引退したとき、ほんの少し、議員選挙に買って出ようとしたこともある政治意識も固く、強い正義感でもあります。

積極的で、おしゃべりで、知的、頼りになる大学教授のようなアランを見ました。





1993「マンハッタン 殺人ミステリー」

No comments:

Post a Comment