YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, February 20, 2014

JIM BROADBENT

JIM   BROADBENT


名前からも大きそうな印象を受けますが,ジム ブロードベントは身長190センチ、加えて巾ががっしりと厚く、顔も巨大、おまけにびっくりマナコで鼻もまん丸の陣取るとあたりの酸素が薄くなるような、のしかかって来る存在の俳優です。
日本では「ムーラン ルージュ」(01)のクラブのマネージャー兼舞台の司会役が一番知られているでしょう。あの映画はオーストラリアのダンスが大好きな監督、バズ ルーマンの情熱を込めたミュージカルでしたから、主演のニコール キッドマンとユワン マグレガーのロマンスよりも、めまいがしそうなスピードと色彩のダンス ナンバーとその中で巨体をめまぐるしく動かして、踊り、走り、歌い、忙しそうに駈け回っていたジムのパワーは忘れ難いものでした。
その少し前に「トプシー、タービー」(99)と言うミュージカルの創作者コンビ、アーサー サリヴァンとW。S。ギルバートを描いた映画があって、これも又、めまぐるしく、忙しく、サリヴァンを演じたアラン クードナーとギルバートを演じたジムがお互いに大きくて、画面からはみ出しそうだった印象があるのです。

ジムは1949年5月24日、英国リンカーン州のリンカーンに家具屋の父親と彫刻家の母親のものに生まれ、まずはクエーカー教の寄宿学校に送られ、その後に演技熱が目覚め、両親のクリエイテイヴな才能の遺伝もあったのでしょう、演劇校に行っても良いと言われて、ここで頭角を表しいます。1972年に卒業すると直ぐに、もろもろの舞台に出て,経験を積み、「タイム バンデイット」(81)と言うテリー ギリアム監督の珍妙な映画に出て、注目されたのでした。奇才マイク リー監督のレギュラーになり「ライフ イズ スウイート」(90)や「リトル ヴォイス」(99)などの家族の悲哀を描いた小作品に出たり、ニール ジョーダン監督の話題作「クライング ゲーム」(92)にも出ました。

ウデイー アレン監督の「ブロードウエイの銃弾」(94)でも巨体を活かして、顔を出しています。
ジュデイー デンチがアイリス マードックと言う高名な文学者を演じ、彼女が徐々にアルツハイマーにおかされて行く「アイリス」(01)と言う秀作では,やはり文学者であるアイリスの夫を毅然として演じました。95年に自信の母御をアルツハイマーで亡くしただけに、この役はジムにとって、辛いものだったようです。
メリル ストリープが英国の首相を熱演した「マーガレット サッチャー」(11)では、批判にめげず、多忙な妻を支える夫の役と偉大な妻の陰の優れた夫たちの役が,あの大目玉に巨体のジムになぜかぴったりなのです。

「僕はフランス映画が大好き。きめ細かくて、考えさせられる要素が詰まっているから。主にヨーロッパ映画には心を強く打つドラマがある。映画を学ぶならフランス映画からスタートした方が良いと僕は奨めたい」
と、うどの大木のような内容の作品が多いいハリウッド映画を暗に批判しています。
今年65歳になりますが、スローダウンする気配もなく、次から次へと映画や舞台に出ている様子。歳を取ってからは、心身のバランスを取ることが大事とののたもうてます。




2001「ムーラン ルージュ」

2001「アイリス」ジュデイー デンチと。

1999「TOPSY  TURBY]
2006  「 LONGFORD」 with  LINDSAY DUNCAN,andANDY SERKIS  in London


No comments:

Post a Comment