YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, October 2, 2017

SYLVIA HOEKS

SYLVIA  HOEKS


間もなく公開の「ブレード ラナー 2049」(17)
でハリウッド映画初出演するオランダの美女、シルヴィア
ホークスを紹介しましょう。
14歳で世界的なモデルエジェンシーのエリート モデルにスカウトされ、国際的なレベルで活躍してきたシルヴィアですが、小さい頃から女優志願で、モデルをしながらも演劇学校に通い、しっかり基礎をつけていたそう。
もともとは長いブロンドのいかにも北ヨーロッパの175センチの長身美人なのですが、この映画では真っ黒な髪の悪女役。単なる飾りの配役でなく、インパクトのある外見で、美味しくて、やりがいのある悪人役ですから、シルヴィアの責任も重大でした。


「週6日連日6時間のトレーニングを受けて、7キロの筋肉をつけたのですよ!自分の体型がこれほどむきむきになったのにびっくり」
という当人はもうすでにブロンドのひょろひょろ体型に戻っていました。
映画ではシャープな角を見せる衣装を着ていますが、この日のドレスも花模様で、薄い布地、他のイベントでも同じように少女っぽい花柄のドレスを着ていたので、「悪女役」のイメージを拭う努力をしているのかもしれません。

1983年7月1日 オランダの南部のマーヘーズ Maarheeze に生まれています。
「何もない田舎町だったから、楽しみといえばテレビで映画やドラマを見ることだけ。だから「チャーリーズ エンジェル」とか「エドワード シザーハンズ」の大ファンだった。
高校生の時シアター カンパニーに入団して、演技を学んだのだけれど、モデルの仕事にもいろいろ役に立ったと思う」

オランダ語、ドイツ語、英語、フランス語を操るのもこれからのグローバル市場に大きなアドバンテージになるはず。
評論家はロビン ライト とシルヴィアの対決の場面が最も面白くて、見もの と褒めています。やはり女性同士のパワーの駆け引きが一番ウケるのは現在の社会を反映しているからでしょう。

「ハリソンはジョークを連発してばかりで、私たちはケラケラ笑って、緩んでだれてしまうのに、いざ本番になると彼は即座に役に成り切って、流石の大ベテランだったわね。
ジャレッド レト は役の上で私と敵対するから、現場でわざと距離を置いて、そっけない態度を示していたけれど、それがやっぱり効果を現したから、癖のある俳優たちと一緒に仕事ができて素晴らしい経験になったわ」
とカラカラと陽気に笑ってました。

2013年のイタリーの監督、ジョゼッペ トルナトーリの「ザ ベスト オファー」(邦題 「鑑定士と顔のない依頼人」)という映画ではオーストラリアの名優、ジェフリー ラッシュと共演してもしっかり対等の好演を見せてここでヨーロッパで認められたそう。

現在、曲者俳優、ウイリアム フィクトナーと共演の 「オール ザ デヴィルス メン」 All the Devil's Men の撮影中。将来が楽しみなグラマー美人女優の出現です。

2017「ブレード ラナー 2049」


「ブレード ラナー」でのシルヴィア。



不思議な空間をライアン ゴスリングと歩いているシルヴィア。

普段のシルヴィア。

ロビン ライト(左)と。

ライアン ゴスリングと。

こんなメガネが似合う人は少ないでしょう。



フォトシュートではこんなに細身です。


2013「ベスト オファー」

2013「ベスト オファー」のイタリー版。



No comments:

Post a Comment