YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。古いページは、スターの名前を英語で左上で検索すると出てくるはずです。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, December 31, 2017

JAMES FRANCO 2017

JAMES   FRANCO   2017

ジェイムス フランコが監督兼主演の「 THE DISASTER ARTIEST」(被害をもたらすアーテイスト)(17)が晴れてゴールデングローブ賞の喜劇・ミュージカル部門の主演男優賞候補に。

実在の映画界の変人、トミー ワイゾー、Tommy Wiseau
を演じてのノミネーションです。
共演は実弟のデーヴ フランコ、映画業界の話なのと、ジェイムスの交友関係が広いので、大勢のスターがカメオ出演して、なんとも珍妙で非現実的なストーリーに「愉快要素」を加えています。

ジョニー デップが「エド ウッド」(94)と言う映画で演じた奇妙な監督と共通しているハリウッドに現れた不思議な存在を残した「奇才」のドラマと言えましょうか。

彼らよりはるかに有名で、才能もあるジェイムスですが、自分のしたいことをあえて勇敢に実行してしまうところなどトミーにそっくりで、だからこそジェイムスは映画化したかったのでしょう。

1978年4月19日、カルフォルニア州のパロ アルト(名門スタンフォード大がある街)に生まれ、現在まだ39歳ですが、映画テレビの出演数が148本と膨大なのも彼のエネルギーと情熱の賜物です。
父親はシリコン バレーの重役、母御は時たま女優をしたライターだそうで、恵まれた家庭に育ちました。

ロスアンジェルスのUCLAに入学、悩みの内向性を克服するために演劇部に入ったそうで、ここから彼のパーフォーマンス入魂が始まったそう。
両親はジェイムスの演劇活動にあまり気乗りではなかったものの、結局は好きな道に進ませようというリベラルな親だったようです。

初めて会ったのはジェイムス デイーンをルックスもそっくり、何しろ迫真の演技を見せてハリウッドのメジャーで衝撃のデビューをした「デイーン」(01)の時。
新人のくせにかなり慣れた態度をしていたのは、恥ずかしさを隠すためだったでしょうが、俳優たちはインタヴューでもパーフォーマンスをしますから、すでにスターの兆しが見えてました。
この役ですぐにゴールデングローブ主演賞(テレビ部門)を受賞しています。

以来、ありとあらゆるジャンルの映画に出ては、独特の「風変わりで、愉快な」雰囲気を出してきました。
監督業にも早くから積極的で、すでに38本も手がけていますし、制作活動では68本、とハリウッドで最も忙しいスターとしても知られています。
おまけに大学院に通って博士号を取得するわ、大学で講義をするわで、知的分野でも膨大なエネルギーを発揮するという何でもやりたい、やってしまうスターなのです。

恋愛事情のようなプライベートな話になるとほとんどジョークでごまかすのですが、つい最近はイザベル ペイザッドという女性と交際している様子、でも誰とも結婚といった真面目な段階には至ってないのは、あまりに創作に忙殺されているからとしか思えません。

スタートした時からあまり変わらず、陽気で、気さくで、緊張をほぐすためのおバカなコメントを連発する、気の良い奴のスタンスを維持しているのも彼ならではでしょう。
2001年のポスター。ジェイムス デイーンにそっくりでしょう。


2017 本物のトミー ワイゾーと。

同じく2001年のポスター。

ジェイムス デイーンになりきってます。


左は実弟のデーヴ。

2017「デイザスター。。」の役で。



2001「デイーン」の時。


2008「ミルク」





2017「THE DISASTER ARTIST」でのトミー ワイゾー役。





No comments:

Post a Comment