YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, April 20, 2017

JERRY LEWIS 2017

JERRY  LEWIS   2017

時々、ハリウッドの古き懐かしきスターにインタヴューする機会があります。
ジェリー ルイス、あのデイーン マーテインとコンビを組んでおバカな喜劇に出ていた、その後も底抜けシリーズでおバカな喜劇を貫き、なぜかフランスでは特別に評価されて国民功労大賞みたいなレジョン ドヌール賞を受けたり、少し前まではチャリテイーの電話マラソンで筋萎縮症の人々を援助したり、その当人は今91歳、その張り切りようを   4月20日発売のキネマ旬報5月上旬号に書きました。

ぜひ読んで下さい。先日の月刊文藝春秋5月号のロバート
デニーロに並ぶ入魂作(ロウレベルの私なりの)です。

デイーンに対する愛情、チャーリー チャップリンとの思いがけない交友、ハリウッドの楽しい歴史が多少なりとも覗けるはず。

ちなみにジェリーは1926年3月16日 ニュージャージー州のニューアーク生まれです。
デイーンもチャップリンも居なくなってしまった今、彼の思い出のおしゃべりはとびきりもの悲しく、貴重だと思います。

いつもなら一緒に写真を撮るのですが、さすが生粋のショウマンのジェリーは丁寧に断ってきました。でもインタヴュー中のショットはオーケーだったので、現在の彼のクローズアップをご覧ください。

2016年のジェリーです。


デイーンと別れた20年後にフランク シナトラの計らいで再会。

ありし頃のチャーリー チャップリン。

ジェリーはケネデイー大統領とも親しかったと言ってました。

チャップリン。

コンビを組んでいた時のデイーンとジェリー。

キネマ旬報5月上旬号の表紙。

No comments:

Post a Comment