YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。古いページは、スターの名前を英語で左上で検索すると出てくるはずです。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, September 25, 2017

PEDRO PASCAL 2017

PEDRO  PASCAL   2017

南米のチリ生まれのペドロ パスカルは、テレビシリーズ「ナーコス」NARCOS で人気が出た俳優ですが、今、「キングスマン:ゴールデン サークル」(17)にローピング(縄投げ)〜その切れ味はとびきり鋭く、肉体が真っ二つになるのです!が得意のカウボーイの役で出演して、さらに人気が出そうです。

ちょっとジェレミー レナーに似ていて、最初は間違えてしまいました。

最初の「キングスマン」は英国のビスポーク テイラー(かスタムメードの仕立て屋)が軒を並べるサヴィル ロウ
Savil Row に秘密基地を持っていることから、エージェントは全員、パリッとした仕立てのスーツを着るのが基本条件という、007ボンドをおちょくった愉快な映画でしたが、今回は「もっと大きく、もっとスターを、もっとお金をかけて派手に、もっと騒音を上げて、という欲張った内容になって、いやもうひどくバカバカしい結果になっています。それはそれで、楽しめますが。

1975年4月2日、チリのサンチアゴ生まれ、両親が当時の独裁者、ピノチェトに反対していたため、デンマークに移住、それからアメリカに渡り、カリフォルニアのオレンジ郡とテキサス州のサン アントニオで育ちました。

「育ったのはチリではないけれど、僕の心の中にはいつもチリが息づいている。弟のルーカス バルマセーダは、チリで俳優をしているし」
ラテン男らしく、愛国心と忠誠心に溢れています。

もちろんスペイン語と英語の両方に堪能で、ほとんどアクセントはありません。

ニューヨーク大学の高名な演劇科、テイッシュ スクールで演劇を学び、すでに20年間以上もニューヨークに住んでいて、舞台にもたくさん立っています。

2013年「ゲーム オブ スローン」の第4シーズンに
オベリンの役を得て、有頂天になったそう。
2015年には「ナーコス」の麻薬取締の連邦捜査官、ハヴィエ ペナ 役を獲得、今やペドロの顔はそこかしこの大看板に乗っている人気スターとなりました。
 2017 「キングスマン:ゴールデン サークル」ロンドンで。


「ナーコス」




2017「キングスマン」左から、タロン エガートン、コリン ファース、ペドロ パスカル。

「ナーコス」右はボイド ホルブルック。



2017「キングスマン。。。」から。

2016「ザ グレート ウオール」右はマット デーモン。

No comments:

Post a Comment