YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。古いページは、スターの名前を英語で左上で検索すると出てくるはずです。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, May 5, 2018

ATLANTA #2 APRIL 30 - MAY 3 2018

ATLANTA  #2 APR 30 - MAY 3  2018


アトランタ3日目は極秘の人気テレビシリーズの撮影訪問で、スタジオの位置も、何もかも外に漏らせません。
去年にも訪れたので、セットなどはほとんど同じで見慣れたものばかり。
主役の子供たちがぐんと成長しているのにびっくりでしたが。ハードワークで働いているせいか、インタヴューのブレークになるとやたらにはしゃいで、記者にとっては難儀な内容になってしまいます。テレビでしたら、楽しいはしゃぎようが効果を発揮しますが、内容がないと記事にする時には苦労します。
子役たちの労働時間はしっかりと決められているので、この日すでに出ずっぱりだった少女スターはインタヴューの追加30分もダメということで、明日の朝に延期となりました。
みんなホームスクールといって、家庭教師が現場に来たり、自宅やホテルで教えたりと仕事をしながら勉強に励んでいます。
さてこの日の夜はパラマウント スタジオの招待で、ちょっと離れたところにある「サウス シテイー キッチン」へ。
またまた南部料理ですが、まずは白ワインを飲んでいるとレストランの名物ドリンクをぜひ飲めと勧められて、麦が差し込まれている透明なグラスのカクテルを試してみました。
うわっと甘くて、これではお料理の味が負けてしまうと3啜りぐらいで止めました。もとの白ぶどう酒に。

たくさんのオードブルで既にお腹がいっぱいになったものの、目の前に食べ物が来ると本能的に食べるたちなので、メイン料理は海老とグリッツ(南部独特のトウモロコシの粉をバターなどで炒めたとろりとして、ポテトのように見える付け合わせの食べ物)を頂きました。
ハンスはニジマスの揚げたような、炒めたようなお料理で爽やかな味でしたが、もう二人とも半分ぐらいしか食べられませんでした。
これがロスアンジェルスならドギーバッグにしてお持ち帰りをしますが、旅先ではそうもいきません。
地元のゲストの方達は箱にいっぱいデザートのピーカンパイやらフライドチキンを持って帰りました。

翌朝、4日目の5月3日はアトランタで最も大規模なスタジオ、テイラー ペリー(彼は喜劇映画に主演、監督、制作する黒人のスターでもあり、多彩なビジネスマンです。アメリカ最大のスタジオを目指しているそう。前に訪れたスタジオに加えて新しく軍用基地を改造して巨大なスタジオを建設しました) スタジオで撮影中のマーク ワルバーグとローズ バーン共演の家族ドラマ「インスタント ファミリー」(19)の撮影を見学、そのあとマークやローズや他の出演者、監督たちにインタヴューして、終わるやいなや、アトランタ飛行場へ大急ぎで駆けつけました。

3日間で3個の撮影現場を取材という、かなりの強行軍に加えて、毎晩のリッチな夕食で、ちとお疲れの旅行となりました。
5月2日の現場訪問記念撮影。


5月3日「サウス シテイー キッチン」でのローカルドリンク。


「サウス シテイー キッチン」の入り口で。
「インスタント ファミリー」マーク ワールバーグとローズ バーン。
右端はオクタヴィア スペンサー。
タイラー ペリー
アトランタにある広大なタイラー ペリー スタジオ

5月2日 「サウス シテイー キッチン」での晩餐。


No comments:

Post a Comment