YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, December 22, 2012

RUPERT   FRIEND


ルパート フレンドは英国はオックスフォードシャー1981年10月1日生まれの31歳。
端正な正統派2枚目ですがまだまだあまり名前は知られてません。せいぜいが「プライドと偏見」(05)でミスター ウィッカムを演じて,主役を演じたキーラ ナイトリーと親しくなり,美男美女の新カップルとしてパパラッチに追いかけられ,二人のじゃれあっている写真が世界中に出回った事ぐらいでしょうか。

スター女優の美青年ボーイフレンドと言う扱いに辟易したルパートは,自ら制作,脚本を手がけた短編映画を作り,二人で共演したりして,誇りある古典劇俳優の才能を見せましたが,結局はその直後に二人は破局。

「ヴィクトリア女王/世紀の愛」(09)では勝ち気な女王をエミリー ブラントが好演,ルパートは女王の永遠の愛人にして夫のアルバート公を演じて,ルックスのみでなく,演技力もそれ以上と言う力を見せました。当時の華麗な軍人の制服や宮廷の衣装が良く似合うクラシックな顔と姿もタカラズカに迫る美しさ?

同年の「わたしの可愛い人シェリ」ではミシェル ファイファーに愛される年下の愛人と言う役を再び美しく愛らしく演じて,コスチューム ドラマのプリンスがおはこの様になってきました。

しかしここに来て じゃーん!前のページのクレア デーンズが主演して,目下アメリカのナンバーワン人気テレビドラマ「ホームランド」に登場! それもミステリアスにして暴力的で,タフで,頭が切れるCIAの腕効きエージェントと言うアメリカ人の役。
ダミアン ルイスがどうもモスレムに洗脳されて,テロリストになったらしい米国軍人を演じて,又もや英国人俳優がアメリカ人の政府の役人とは。主要キャストにここまで英国製を出すのもびっくり。
2009「ヴィクトリア女王 世紀の愛」
でもプリンスのイメージをかなぐり捨てて,ルパートは執念を燃やす調査官として,画面に濃く出てきます。

先日アメリカ人俳優がうなだれて,良い役をほとんど英国人かオーストラリア人の俳優に獲られてしまう! 
と嘆いてましたが,ジムで筋肉を付けるのに励んでいるアメリカ人と長いこと演劇学校でハムレットやオセロなど演じてきた英国人の演技力の巾と深さのちがい。
それとアメリカ人にはエージェントや広報係が寄生虫の様に貼りついているため,ギャラが高いのです。
ちょうど一昔前のプロ野球の様にアメリカ人のスポーツ選手も俳優もエージェントがチャンスをつぶしている観もあります。

1 comment:

  1. こんにちは。ルパートとの親密お写真とてもすてきですね。彼のよいところがすべて出ているような表情に感じます。そこを引き出したのが成田さまとの会話なのでしょう。どこかでそのインタビュー記事が読みたいものです。

    ReplyDelete