YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, December 26, 2012

SACHA   BARON   COHEN


サーシャはアレキサンダーを縮小した名前で,サーシャ バロン コーエンは敬虔なユダヤ教信者、両親はイスラエル出身,1971年10月13日にロンドンで生まれたサーシャはオーソドックス ユダヤ教の家に生まれ,アッパー ミドルクラスの家に育ち,私立のボーデイングスクールから,イスラエルのキブツ生活を経て,ケンブリッジ大で歴史を学ぶと言う,典型的学業優先、のユダヤ系秀才なのです。

だからこそ,あの無礼きわまりない,呆れてものも言えないような,下品を通りこして、常識では不可能な喜劇を創作しては,演じてしまう根性と自信があるのでしょう。

又の名を,アリG,ボラット,ブルーノと使い分け,会見にも,役のまま出てきます。


2007 「スウィニー トッド」
2012 「レ ミゼラブル」
初めて彼を見たのは英国のテレビ番組「ダ アリ G ショー」(2000)でサーシャはアリ Gと言うギャングスタラッパーになりきって,知名人から政治家まで,無知蒙昧を装ってインタヴユーするのです。予期せぬ傍若無人な質問にユーモラスに答えようとする知識人も,彼の執念深く,何度も馬鹿な質問を繰り返すやり方に終いには怒り狂うのです。

それがサーシャ,いやアリGの狙いで,それが分かっていても,我慢の緒が切れてしまう,そして観客はアリの野獣的な取り組みに,エリートに対する羨望や恨みを晴らした気分になると。

「ボラット」(06)はカザクスタンから来たジャーナリストと言う名目で,アメリカの生活に顔を突っ込んで,大げさに感心したり,我が国のしきたりでは,と居間で大便をしてみたり,とおふざけがエスカレートしてきます。

この時、初めてあったのですが,もちろんボラットの格好と態度で現れ,女性記者の質問には答えないから,前もって男性記者に代弁してもらうように頼むこと,などとボラットが住む東ヨーロッパの異文化を利用して,知能犯の自分はメークと衣装の陰で,せせら笑っているのでしょう。

こう言う方法をとること自体,サーシャの巨大な自己PR欲と傲慢さを見せているのですが,次の「スウィーニー トッド」(07)では,主演のジョニー デップやテイム バートン監督に敬意を表して,ちゃんと普通の格好で現れ,まともに答えるのです。

そういう変幻自在な姿がユニークとは言え,又,「ブルーノ」(09)ではオーストリアのゲイのファシヨン ライター,ブルーノになりきって会見に登場。プレゼントと巨大なペニスの形をしたケーキを持って現れ,この時はゲイとペニスのジョークばかりして,まともに答えませんでした。

「デイクテイター」(独裁者)(12)の時も金ぴかの中近東の独裁者風制服にもじゃもじゃのひげを付け,ピストルを携え,セクシーな女性の武官を二人侍らせて登場。
初めから終わりまで,妙なアクセントで,無知蒙昧な独裁者をオーバーに演じてました。

社会風刺と言えるのか,ここまで極端に,破廉恥に演じることにプロとしての力を感じるのか,ま,何とも言えませんが、もうたくさんと言う気がします。

新作「レ ミゼラブル」(12)では深刻きわまりないジャン (がんばる!)バルジャンやジャベールの場面からのガス抜き用お笑いおばか喜劇シーンに出てきます。

2012 [THE DICTATOR]
ワイフはアイラ フィッシャーと言うオーストラリア人の女優で07年から3年間,ユダヤ教を学び,信者になってから10年に結婚,女の子が二人います。

No comments:

Post a Comment