YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, January 7, 2017

MAUI HANA TRIP # 2

MAUI  HANA  TRIP  #2

ハナで一番ゴージャスなホテルは、トラヴァーサ(Travaasa Hotel)と言って、メインの建物の中の部屋はともかく、広い敷地に点々と建っているコテッジが(高いですが)有名です。インフィニテイー(無限)プールと呼ばれるプールに入ると海に入っていくような、海と一体になるアングルで作られたプールを中心にコッテッジがあって、何もかもが自然そのもの。
フロントもハワイ独特の開放的なオープンな場所にあって、どこもかしこも毎日取り替えるランやハイビスカスの花が飾られてます。
フロント脇のバーは海の絶景が高い天井からの1枚ガラスいっぱいに眺められて、お天気がよければ外のテラスでハワイ名物のドリンク、マイタイなどを楽しめますし、プールサイドでのハンバーガーとフレンチフライも結構いけます。
古い木や、エキゾテイックな花がそこかしこにあって、はhが生きていたらさぞ喜んだことでしょう。母は特に花が咲く大木が好きでしたから。
あまり知られていないハナの名所は、あの「翼よ、あれがパリの光だ」で有名な飛行機乗りのチャールズ リンドバーグのお墓があることです。リンドバーグは飛行機乗りで世界的な名士になった後、息子を誘拐され、犯人がドイツ人だったことで世界中の同情を集め、さらにナチドイツを支持したりして、今度は轟々の非難を浴びたりの行動的な人で、晩年をマウイ島で過ごしました。
海を望む小さな教会の敷地に、彼の墓石はひっそりとありました。何の表示も何ので、知っている人しか行けないようなお墓がかなり朽ちていて、それが彼の波乱の人生の終焉を詩的に物語っています。
ハナにはテデスキー(Tedesci Wine)と言うワイナリーもありますが、ここのワインはあまり美味しくなく、スパークリング ワインの方がずっと良いとのたまうワイン通のコメントを加えておきましょう。
自分でドライブするのは面倒、特に景色を眺めながら、絶壁を片側に、岩が転がり落ちてくる崖を片側にうねうねと細い道を運転するのはかなりのチャレンジですから、バンなり、車で連れて行ってくれるハナ ツアーがいろいろ揃っていて、これが一番楽チンでしょう。
トラヴァーサ ホテルの内庭


インフィニテイー プール。

後ろにいるのは雨用武装のピーター。プールに入ると水と海がつながる仕組みがお分かりでしょう。

コテッジのゲイトを入るとこの眺めです。


古びた樹木。

プールサイドのバーでマイクと。彼は地元のビールと私はマイタイです。

何かの実。


リンドバーグのお墓。

嵐の海。

キャンプ場の警告。


荒れ狂う波を背景に。

No comments:

Post a Comment