YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, February 14, 2013

VERA   FARMIGA


うりざね顔に,真っ白な肌のヴェラ ファーミガは両親共にウクライナ人,それも生粋のウクライナ愛国人で,同じ言葉を話し,同じ文化を共有する地域で暮らしていたため,ヴェラは6歳まで英語は話せず,ウクライナ語を使っていたそうな。
1973年8月6日,ニユージャージ−州のポサイックと言うところで生まれたヴェラの父親は教師,母親はコンピューター技師だったと言います。隣から何マイルもある農家に育ったと言うならともかく,知的職業の親が全く英語を教えないと言う閉鎖的な環境が不思議ですね。

ともかく内気だったヴェラは高校までウクライナ学校で郷土の踊りや歌を学んだとか。将来は眼科医になろうと思って、シラキューズ大学に進んだものの,演技によって自分を他人にすると積極的になったり,馬鹿なことを言ったり出来ると言う突破口を発見。

ブロードウェイの舞台からテレビ,98年が映画デビュー,「デイパーテッド」(06)ではレオナルド デイカプリオ,マット デイモンなどを診察する警察の精神科医の役を演じてます。
「縞模様のパジャマの少年」(08)ではユダヤ人の収容所の少年と仲良くなるドイツ人の少年の母親を好演。翌年の09年に「マイレージ マイライフ」で航空会社のマイルを稼ぐのに躍起になっているジョージ クルーニーと色々な空港で待ち合わせては,束の間の情事を楽しむセクシーなキャリア ウーマンの役をしっとりと妖しく演じてアカデミー賞助演賞にノミネート。
この頃の会見では臨月のお腹で現れ,当人は平然としてましたが,こちらの方が興奮させない様になどと気を使ってしまいました。泰然として,ミステリアスな微笑みを浮かべて
どことなくモナリザを思い出させます。
「ハイヤー グラウンド」(11)では監督も兼ね,難しい宗教の信者たちのドラマを手がけて,好評でした。

2011 「ハイヤー グラウンド」
趣味はピアノとペットのアンゴラ ゴーツ(やぎ)に目がないそうでしとやかで優しく,日陰を好みそうで、おそらくとびきり強情なタイプではないかと察します。

No comments:

Post a Comment