YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, February 26, 2013

MELANIE     LAURENT


「イングロリアス バスタード」(09)で,ナチの将校 (クリストフ ヴァルツ)に嫌みたらたらで,尋問されるフランス女性を熱演したメラニー ローランは1983年2月21日パリ生まれ。
父親は俳優,母親はバレエ教師,といかにも文化的家庭に育った美しさだけでなく,反抗心のようなものがふつふつをしています。
「グロリアスー」のインタヴユーで,フランスのレジスタンスを演じる事を聞いているうちに、
「私はユダヤ人なのよ!」と突然言い出して,記者連中はあれ?っと首を傾げたのです。
もちろんヨーロッパにユダヤ人はたくさんいますし,金融界や政治界だけでなく,芸能界でも威力を放っていますが,彼女のものの言い方が,やけに好戦的だったのでした。

タランテイーノの映画は,おふざけ三昧ですが,ユダヤ系アメリカ人の兵隊達がヒットラーの首を狙いに行く,と言うプロットの中で,彼女の役は,劇場を燃やし,ナチの総統も火あぶりにしてしまうと言うもので,彼女なりのナチに対する憎悪がこもってました。

08年には短編を書いて、監督してますから,綺麗なだけの女優じゃないのよ,と言う気迫がすてきでした。


2009 「イングロリアス バスターズ」
クリストファー プラマーがオスカー賞を獲った「人世はビギナーズ」(10)ではゲイ宣言をして勝ち誇った父親の自信のない息子(ユワン マグレガー)の恋人役を演じて,ここでも要を得ない男のおしりを押す逞しい女性を見せてます。

No comments:

Post a Comment