YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, February 5, 2013

THOMAS   HADEN   CHURCH


「サイドウェイ」(04)でワイン通の友人にくっ付いてカリフォルニア州の北にあるナパヴァレーのワインテイステイングをして,通たちが飲まずにワインを舌で味わって,ペっと吐き出して,次のワインを味わっている傍らで,がぶがぶワインを飲んだりして,全く周囲を気にしない野蛮なプレイボーイ(自分ではそう思っている)を好演してアカデミー賞のノミネートされたトーマス ヘイドン チャーチは本人も
カウボーイのような朴訥なタイプです。

1960年6月17日 テキサス州エルパソ生まれですから,今年53歳。顔が昔の映画に出て来る脇役・友達役のような古っぽいグッドルックスで、何となく現代のドラマに出て来ると其れだけでコミカルに見えてしまうところが,彼のアドバンテージでもあり,短所でもあります。
金髪の髪もウェイビーで波うったりして,時代を間違えたよう。
2004  「サイドウェイ」
そして彼自身,ハリウッドでそれなりの成功を遂げたものの,例えばテレビシリーズの「ウイングス」(90−95)のレギュラー役など、人々のからからと乾燥した姿勢や願った役は不可能に近く,妥協している自分に嫌気がさして,テキサスに帰って,本格的な牧場を経営,本物のカウボーイになって毎日牛を追い,馬の手入れをしていたそう。

たまに面白そうな役があるとハリウッドに来て,軽く役をこなし,牧場に戻って自然と暮らすと言うゆとりが,彼のスクリーン状の存在を新鮮にするのでしょう。

「ハリウッドにずっと居ると,精神状態がおかしくなるね。自分で距離を保っていても,やはり他の俳優たちの動向が気になるし,心が狭くなって来る。若いうちはともかく,歳を取って,若作りをし,パーテイーなどに気張って出かけるのは,醜いだけ。広大な空と動物に囲まれていると生きている張り合いが満ちて来るのだよ」

「スパイダーマン3」(07)の砂の男,「ジョン カーター」(12)での怪物など,あまり演技力など要らないようなコンピューター仕掛けの役を手がけても,現場の技術を観察したりの楽しみがあると淡々としているところが彼の身上でしょう。

No comments:

Post a Comment