YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Monday, August 19, 2013

JOANNE WHALLEY

JOANNE    WHALLEY


つぶらな瞳に豊かな黒髪、小柄ながらも豊満な曲線美、加えて、耳に心地よい低い声でのクイーンズ イングリッシュのアクセント、と80年代後半に人気を博したジョアーン ワーリーです。
初めて会ったのは「ウイロウ」(88)でお姫様を演じてハリウッド映画デビューをした上に,共演のヴァル キルマーと恋に落ちて,その年に結婚迄した時。すぐに名前もジョアーン ウオーリー キルマーと変えて、実にうれしそうでした。
「ウイロウ」は小人が大勢出て来る空想時代劇で、いかにも少年の心を見せるロン ハワード監督ならではの映画。あんなに大勢の小人を見たのも初めてですが,2年前に「オズ はじまりの戦い』(公開は13年)のデトロイトのセットを訪問した時。巨大なスタジオのセットに約200人の小人のエキストラがひしめいていて,その中には,顔も小さい小人(呼び名の違い等知りませんが)もいて,トイレに行くと踏み台があったりして,びっくりしたのを思い出します。


1988     WILLOW
ともかく当時のジョアーンは,美しくて,可憐で,でも低い声から芯の強さが覗け、毎日がドピーカンのギンギン照りのハリウッドに慣れてない,月夜の花のようでした。
写真をご覧頂くと分かるように162センチのわたくすより
かなり背が低いものの存在感はたっぷり。

1961年8月25日英国はマンチェスターに生まれた彼女は,10歳から子役として活躍,英国の超人気テレビ番組「コロネーシヨン ストリート」(1960)に出演。ルックスもちょっとナタリー ウッドに似ている子役出身なのです。

歌手としても「マンチェスター ニユー ウエーヴ」の流れに乗って,82年頃にバンドで歌っていたこともあったとか。
「ダンス ウイズ ア ストレンジャー」(85)でルパート エヴァレットとミランダ リチャードソンと共演してセクシな女優として大人の仲間入り,そして「ウイロウ」の後,「スキャンダル」(89)で英国政治界に波紋を投じたクリステイーン キラーを熱演。政治家たちのベッドの相手をする高級娼婦の役から「バッド ガール」のイメージが
張り付きました。

「風と共に去りぬ」の続編とも言える「スカーレット」(94)と言うテレビ映画に女主人公役のスカーレット オハラとして登場,相手役のレット バトラーは元007のテイモシー ダルトンと二人の英国人が演じたのでした。

ハリウッドの変人のひとりと言われるのヴァルとは94年に離婚,ふたりの子供の養育費を払わない(1ヶ月2万7千ドル)と訴えたりの裁判沙汰が報道されましたが,ジョアーンは着実にテレビや映画の母親役等を手がけて、しっとりとした美しさを見せてます。
最近ではジェレミー アイアンズが主役の「ボルジアズ」(2011−13)で法王になるジェレミーの妻役をはち切れそうな胸を見せる衣装を着て,妖演に演じていました。
2012 「ボルジアズ」


No comments:

Post a Comment