YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, August 10, 2013

REBECCA DE MORNEY

REBECCA   DE  MORNEY


わたくすの大好きな作家にダフネ デユ モーリア(「レベッカ」や「従姉レイチェル」の著者)がいますが,レベッカ デユ モーネーは名前の響きがちょっと似ていて,何となく気になる存在でした。

初めてレベッカに会ったのは「ザ ハンズ ザット ロックス ザ クレイドル」(92)と言うサスペンス スリラーに主演したとき。大変なヒット作で,地獄から来た乳母と言うキャッチフレーズもはやりました。自分の赤ん坊を亡くした女性が乳母に雇われ,もろもろの怪しい行動をとると言う今から30年前には斬新で恐ろしいプロットでしたから。

当時レベッカは25歳年上の歌手にして色々な才能を持つアーテイストのレオナルド コーエンと婚約中で,一緒にレコードを出すとか,彼のコンサートをプロデユースするなど彼に対する愛情と畏敬と憧憬が入り交じった強い情を見せて,どことなく悲壮な感じも漂ってました。

1959年8月29日カリフォルニア州のサンタローザにデイスクジョッキーの父親を持って生まれたレベッカは,両親の離婚の後,ヨーロッパに渡り,主に英国で暮らし,オーストリアのアルプスのそばの高校を卒業する時は優等生だったとか。と言う訳でフランス語とドイツ語も流暢になってアメリカに戻り,ニユーヨークのリー ストラスバーグ演劇学校に入学,23歳の時にコッポラ監督の「ワン フロム ザ ハート」(82)で映画デビューします。

次の「リスキー ビジネス」(83)はトム クルーズのスターメイキングの映画でしたが,娼婦役を巧みにこなしたレベッカとの絡みは映画史に残る秀逸なもので,ふたりはこれから2年間同棲生活をしたのです。

「ランアウェイ トレイン」(85)ではジョン ヴォイドとエリック ロバーツと言うふたりの強烈な男優に交じって女車掌役をしっかりと演じました。オリジナルの脚本は黒沢明が書いたものです。
1992 「THE   HANDS  THAT   ROCK  CRADLE」


そして前述の「ザ ハンズ..」の恐怖の乳母役で人気スターに。と言ってもドイツ語で優等生になったレベッカですからスターとしてちやほやされる事などに単純に喜んだりしません。おまけに辛口のレオナルド コーエンの影響をしっかり受けて,かなりニヒルで,頑な姿勢が覗けました。

「演技をしていると何もかも忘れて,精神療法になると言う人もいるけれど,私にとっては,特殊な物事にハイライトを当てて見せるドラマでしかありません。でも役を演じていると集中力が強くなるのは確かだわね」
「ヴィヴィアン リーとかマリリン モンローの脆弱さの中の逞しさ,リスクを追う執念,そう言う生き方に私は共感を覚えます」
「女優は常に不安と戦っている。その不安をどのように扱ってバランスを保つか,これが勝負でしょうね」
などの格言(!)のコメントを投げかけています。

現在も映画にテレビに,主役ではありませんが出ていて,家庭では2児の母親として,バランスを保って暮らしている様子です。

No comments:

Post a Comment