YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, August 11, 2013

MICHAEL B. JORDAN

MICHAEL   B.  JORDAN


現地アメリカでもまだ全く無名の俳優マイケル B. ジョーダンの名前だけは,かの有名なバスケットボールのスーパースターと同じですから,聞いた事はあるでしょう。
まもなくアカデミー賞や独立映画新人賞などの候補リストに必ずや入るに違いない新人です。
「フルーツヴェイル ステーシヨン」(13)という実話の映画化で主人公の若い黒人を痛々しくも,哀しく激演しています。
オスカー グラントは北カルフォルニアに住む22歳,09年のある日オークランドの近くの「フルートヴェイル」と言う地下鉄駅の近くの車内で、けんかに紛れ込み,黒人は全て犯人と勝手に思い込んだ地下鉄管理の警官に撃たれて死亡し,この一部始終が携帯のヴィデオに撮られ,この映像が全米で話題になって、と言う事件の映画化で,マイケルはオスカーの役をリアルにストレートに演じました。母親を演じたのが少し前にこのブログで紹介したオクタヴィア スペンサー,恋人役をメロニー デイアズと言うラテン系の新人女優が演じて,脚本と監督はやはり黒人で新進気鋭のライアン クーグラー。ライアンはこの事件を記事で読み,自分もオークランドに住んでいる事もあって,低予算にもかかわらず,中身が濃く、落ち着いた姿勢の映画作りを成し遂げたのです。
おりしもフロリダで,やはりトレイヴォン マーテインと言う若い黒人が白人の私設警護人に撃たれて死亡,法廷で白人は無罪と言う判決が出たケースが発生したため,この映画にプラス アルファの注目が集まってます。

1987年2月9日にカリフルニア州のサンタ アナにマイケル バカリ ジョーダンとして、3人兄弟の真ん中に生まれました。父親はマイケル A ジョーダンと言って食事のケイタリングの仕事をし,自分の名前を息子に付けたのであって,あのバスケットのスターは全く意識になかったと言ってます。(冷やかされる事は覚悟の上でしょうが)。バカリはスワヒリ語で,格調とか約束を意味するそうです。家族はニユージャージーに移り,マイケルは12歳からテレビの仕事をはじめ、「ソプラノ」などに小さな役で出ているそう。
「ザ ワイアー」と言う人気テレビシリーズではレギュラーの役を得て,芸能ビジネスのメッカ,ロスアンジェルスにやってきます。09年から「フライデー ナイト」と言う高校のフットボール部のクオーターバック役を得て,ここでぐんぐん人気を集め,11年には2本の映画に出ました。
ひとつは,第2次大戦で,勇敢な戦績を遺した、名高い黒人飛行部隊,「タスカジ− エアマン」のメンバーを演じた「レッド テイルズ」,それから「クロニクル」と言う SF映画でした。
「フルーツヴェイル..」の会見では,かなり緊張して,優等生のような返答を繰り返し、そこに若さの不安が見えて、化石のようなロートルジャーナリストたちに新鮮な息吹を放出してくれました。

「オスカーの役を演じている間,僕に彼の魂が移り住んだみたいで,地下鉄の中では本気になって怖くなってしまった。まもなく死んでしまうと言う本能と言うのか,直感みたいなもの迄感じたのだから」
とその感触を思い出して身震い迄しそうでした。

「僕は若い時から俳優としてラッキーだったけれど。16歳の時に自分で買ったBMWの新車を運転して,いったい何回警官に尋問された事か! 警官が買えない高給車に黒人の若者が乗っていると言うだけで異常な嫌悪を誘ってしまうのだから。そう言う差別は言いたくもない程味わってきたね」
と静かに,半ばあきらめたように話していた表情が気になりました。


12歳から演技を続け,現在26歳,もうベテランと言えましょうが,この真剣な緊張の姿勢を維持して,良い作品と新らしい挑戦の出来る役に恵まれるようにと願わずにはいられません。
オバマ大統領でさえ,暗い場所やエレベーターに入ると白人たちが警戒して,ハンドバッグをしっかり握ったりする状況を数多く経験したともらしています。
人種問題はまだまだ続きそうなアメリカですから。

2013 「FRUITVALE    STATION」


No comments:

Post a Comment