YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, August 28, 2013

KATIE HOLMES

KATIE   HOLMES


ご存知前トム クルーズ夫人です。ケイテイー ホームズは少女っぽいルックスなのにトムより遥かに背が高くて、おかしなカップルでした。2006年の11月に結婚,一人娘のスリが生まれて,6年後の2012年に突然離婚。今だに原因は不明ですが(どうでも良いですことですが)
2003  「エイプリルの七面鳥」
やれトムが信者のサイエントロジー教に恐れをなした,等と言われてますが,スター同士の結婚はどちらがより自分のキャリアーを犠牲するか,のバランスが崩れると駄目になりますものね。
その前のミセスのニコール キッドマンもトムより背が高かったのは、愉快な現象と言えましょう。

二人ともトムと別れての最初のコメントは
「あー,これからはハイヒールの靴を思う存分はける!」
でした。

1978年12月18日オハイオ州トレドに弁護士の父,主婦にしてチャリテイー運動に忙しい母親のもと、5人兄妹の末っ子として生まれ,ローマンカトリック教の敬虔な信者の家族でしたと。
子供の時からモデルの仕事をしていたと言う目だって可愛い少女だったそう。学校の成績もいつもトップでコロンビア大に入り,父上は彼女を医者にしたかったと言います。

アン リー監督の「アイス ストーム」(97)のオーデイシヨンに受かって,映画デビュー。
人気テレビシリーズ「ドーソンズ クリーク」(98−03)で良い女高生役を演じて,テイーンの人気者になります。
初めて会ったのは彼女が主演した「エイプリルの七面鳥」(03)で,いかにも中西部生まれの人の良さと優等生の受け答えが爽やかでした。お料理等したこともないエイプリルがサンクスギヴィングの七面鳥を焼く破目になり,大きなナマの七面鳥と格闘,とてもきれいとは言えない台所の床に落としたり,見ているだけで食欲が亡くなるお料理シーンでした。人なつっこさが魅力で、いかにも両親の愛情を満身に受けて育った暖かさに溢れて,息子のお嫁さんにしたいようなタイプ。
この時若手俳優のクリス クラインと婚約中で,けたけたと笑っては,婚約指輪等見せびらかして,幸福の真っ只中でした。
「母が趣味を持った方が良いとお裁縫を教えてくれて,私もシンプルな洋服位なら縫えるのよ! それから絵画もレッスンを受けて,結構さまになる絵も描いています」
などと言う屈託の無い自慢も今思い出すと懐かしいばかり。

テレビ映画の「ケネデイー家の人々」(11)ではジャクリーン ケネデイーを熱演してましたが,どことなくおままごとのように見えてしまったのは,彼女の演技力より,キャステイングと監督の器量不足と見ましょう。

最近はブロードウェイの舞台に出たり,もろもろのファシヨンや化粧品の広告のモデルをしたり、「ジャックとジル」(11)のような軽いコメデイーを手がけたりとキャリア修正中のようです。



No comments:

Post a Comment