YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, November 8, 2015

DANIEL CRAIG 2015

DANIEL  CRAIG    2015


第24弾のボンド映画,最近のシリーズではもっとも面白いと評判の「スペクター」(15)で4度目のボンド役を演じているダニエル クレイグ。
映画公開前から「もう一度ボンドをするより手首を切った方がまし」とか「高額のギャラをくれるならなら,もう一度出ても良いかも」と抜かしたり、他の俳優たちもかかった,ボンド役嫌悪症候群に陥っている様子です。
それも極度の重病気味のようで、テレビのインタヴュアーが「ダニエル,あの唇を尖らせる独特のセクシーな表情をちょっとして見て下さい」と軽く頼んだら,黙って席を立ったとか,セクシーとか,あと何回ボンドをするとか聞かれると,居ても立ってもいられず,虫酸が走る様な状態になるのでしょう。
ロンドンの洒落たホテル,コリンシアでのインタヴューでも最初のうちは笑顔など見せて,軽く答えていたのですが,ツーショットは嫌だと物凄い早足で逃去ったのです。
ボンド役を演じる様になってから,それまで演技派だったダニエルは異常な注目に拒否反応を見せる様になって,義理堅くプレミアやイベントには出席するものの,それ以上のスターとしてのサーカス的行事にはまず参加せず,ひたすら深く静かに潜航しているのです。

プロデユーサーたちは「2年先の次のボンド映画までには必ず出てきます。全く心配してませんから」
と自信満々ですが,やはりダニエルのネガテイヴな言動には傷ついている筈。

今回のボンドは最初に大きな蛸が出て来て,イボイボの足を武器に人々を締め上げるというグロテスクなシーンを展開するので,わたくしはダニエルに
「タコを食べられますか?」と聞くと
「うん好きだよ」と気さくに答えてから
「生は駄目だけれど」
と付け加えてました。

と言う訳で今回のツーショットは会見中の様子のみ。
2007年の写真を載せますが,実は他にも三枚位のツーショットがある筈なのです。いったいどこに隠れているのやら?

いずれにしろ、今回の「スペクター」は近来最高の出来で,2時間半 たっぷりみっちりの興奮とスリルが楽しめます。

ダニエルは1968年3月2日英国はチェスターに生まれ,
2006年に6代目のボンドに抜擢され,2011年には同じ英国女優のレイチェル ワイズと再婚同士、二人の間には子供が一人居ますが二人ともプライバシーを固く守って,ひっとりと暮らしているようです。
2015 SPECTRE  レア セドウ と。


2007「ライラの冒険」

2015「スペクター」ロンドンのコリンシア ホテルで。「蛸、お好き?」と聞いています。
「ほら映画の始めに蛸が出て来て,足を絡めたりするでしょう?」ダニエル「うーむ」

ダニエル「食べるのは好きですよ。生は駄目だけど」
サム メンデス監督と。
Qを演じるベン ウイショウと。

No comments:

Post a Comment