YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。古いページは、スターの名前を英語で左上で検索すると出てくるはずです。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, August 11, 2018

CHRISTCHURCH NEW ZEALAND #1 AUG 2018

CHRISTCHURCH NZ  #1  AUG 2018

ニュージーランドの次の訪問先はクライストチャーチ、南の島のてっぺんにある「最も英国的な街」です。
ウエリントンから飛行機で小一時間、フェリーや船でも行けるそうで、上空から見ると冷たい鉛色の海が広がっていました。
2011年2月22日のお昼頃 マグニチュード6。3の大地震に襲われ、185人の犠牲者が出たクライストチャーチです。その1ヶ月後の3月11日に日本の東北大震災が発生、似たような国の形、同じように大きな地震帯の上に乗っているようです。
その半年前、2010年9月4日にも地震が発生していますが、この時は多いな被害はなかったそう。
街の中心はまるで「第2次大戦後のベルリンみたいだ」とハンスが言うように、どこもかしこもまだまだ瓦礫のままで、復興に時間がかかっているようす。
寒い冬の鉄色の街は、生々しい傷跡を見せていますが、もちろん修復されたり、新築の建物も少しはあります。
クライストチャーチという街の名前にもあるように、この街は教会の街でした。
日本人の坂茂(ばん しげる)という建築家が2013年にボール紙で作った教会が今もしっかりと立っています。
2014年には建築家大賞を受賞したそう。

今回は街の悲劇的な跡地を主に載せてみました。

クライストチャーチの大地震で壊れた教会(ネットから)
ダンボールで作られた「仮の教会」



ダンボールの教会の中では聖歌隊が練習していました。

工事現場がそこらじゅうに。

破壊された教会が売りに出ています。

立派な建物が無残になったまま残っています。

まるで映画のセットのような商店街。しっかりと開いています。


 「カテドラル スクエア」の中でも最も立派な教会、後ろに私たちが泊まった              「デイステインクション ホテル」

カテドラル スクエア で。

壊れた教会と右に見えるのはホテル。



カテドラル スクエアの銅像の頭のてっぺんにしょっちゅう鳥が。


カテドラル スクエアの屋台。

ヘリテッジ ホテルの前で。

ヘリテッジ ホテルの前。雨が降ってきました。
映画セットのような商店街で。
こういう空き地がそこらじゅうにあります。
まるで爆撃された街のような悲惨な地区もあります。
新しい建物のプラン図
古い建物はほとんど使われてません。クレーンがそこかしこに。
紙の教会の建築デザイナー、坂茂(ばん しげる)氏
(ネットから)

No comments:

Post a Comment