YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。古いページは、スターの名前を英語で左上で検索すると出てくるはずです。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, August 2, 2018

WELLINGTON #4 CUBA STREET & DINNER WITH BRODIES

WELLINGTON # 4  CUBA STREET & DINNER
WITH BRODIES

4日目はガイドブックに古着屋やエスニックのお店、中古レコード屋が並ぶ「ウエリントンのヒップでクールな界隈」と呼ばれる「キューバ通り」へ。
ハンスを時代物のポスターやビニールレコードで氾濫しているお店において、私はユニークなブテイークや古着屋をハンテイングしたのですが、アッと驚くような品物はなくて、結局買ったのはバッグ1個でした。
ハンスも同様で、欲しいような、どうでも良いようなという気になって結局はもしかすると家にあるかもしれないという結論で買い物はゼロ。
エンバシー劇場で


大好きだった従姉の信子ちゃんが英国人のジョンと結婚して、この10年あまりニュージーランドのアワピコに住んでいたのですが、信子ちゃんが亡くなった後もジョンはアワピコに住み続けていて、この夜、久しぶりにジョンと再会。二人の次男坊と彼の奥さんはウエリントンに住んでいて、ホテルでドリンクを飲んで少しおしゃべりをしてから、みんなで「ドラゴン」という中華料理屋へ行きました。
かなり広いレストランですが、ガラガラ!

「ニュージーランドに人は木曜日になると外食を始めて、金、土、日と外で食べるけれど、月曜から水曜日はうちで食べる習慣」と次男坊君が説明してくれましたが、本当に月曜日でしたので貸切状態でした。

楽しい思い出話をたくさん交わして、お店を出ると海からの冷たい風が吹き荒れていました。

エンバシー劇場の1階の通路。



キューバ ストリートの床屋さんのポスターにはカストロの絵が。

キューバ ストリートのカラフルなお店。

キューバ ストリートの愉快なカフェ。

ごみアートのようですが。

キューバ ストリートの魚屋さん。後でここで生牡蠣とかを食べました。

ハンスが長時間過ごしたレコード屋。

再びエンバシー劇場。

キューバ ストリートの楽しいカフェ。

ジョンとその家族と。

信子ちゃんの次男坊とそのお嫁さん。


No comments:

Post a Comment