YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, July 31, 2013

BILLY CRUDUP

BILLY    CRUDUP


ビリー クルーダップはかなりエキセントリックなタイプの俳優です。何が一番スキャンダラスだったと言うと恋人の女優,メアリー ルイーズ パーカーが彼との間に出来た赤ちゃんがまだ妊娠7ヶ月だった時,一緒に「ステージ ビューテイー」(04)と言う映画に出ていたクレア デーンズと恋に落ち,臨月の彼女を捨てて,クレアのもとに走ったのですから。このためにかなりの女性と男性がビリーに幻滅したのは確かです。メアリーもクレアも今は全く別の男優と結婚しているのも何とも素早いハリウッドのロマンスドラマであります。


2000 「あの頃ペニーレーンと」
ビリーは1968年7月8日,ニユーヨーク州のマンハセットに,ウイリアム ゲイサー (Gaither)クルーダップとして生まれ,3人兄弟のまん中として育ちました。祖父はフロリダで活躍した弁護士,両親は離婚してから再び同じカップルで再婚したそうな。子供の時から物まねが上手で,高校生の時は舞台で張り切り、大学時代から本格的に俳優を目指し,「スリーパーズ」(96)でブラッド ピットと共演したり,「タイタニック」(97)ではほとんど主役を得るチャンスが会ったにもかかわらず,興味を見せなかったと言う,選択に厳しい職人風タイプと言えましょう。

当人は非常に注意深く,言葉を選んで、私生活の事は全くを語らない厳しいルールを全うする,難しいインタヴユーを課すタイプ。仕事の事は喜んで、自信を持って話してくれますが。
「ハイ ロー カントリー」(98)はウッデイー ハレルソンといさかいを起こすカウボーイ役をスタイリッシュにこなし「あの頃ペニーレインと」(00)では,追っかけファンのケイト ハドソンが崇拝するロックスター,ラッセル ハモンド役を演じています。

舞台でも活躍して「アーケデイア」(11)ではトニー賞を受賞と余りスポットライトが当たらない場所を選んで,地道に俳優としてのレンジを広めているような生き方が,ビリーの頑固そうな性格を覗かせていると思うのですが。

1996  SLEEPERS

No comments:

Post a Comment