YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, July 28, 2013

CHRISTINE BARANSKI

CHRISTINE   BARANSKI

有名ではありませんが,顔を見ると思い出す筈の歌って,踊って,演技も最高と言うトリプル スレットのベテラン女優、クリステイン バランスキーです。
名前からも察せられるようにポーランド系のアメリカ人で
178センチの長身とつんと高い鼻が舞台映えするスタイリッシュな姿は映画,テレビ,舞台のどこでも目立つのです。

1952年5月2日ニユーヨーク州のバッファローにポーランド語の新聞の編集をしていた両親のもとに生まれています。祖父母は祖国ポーランドの舞台俳優だったとか。

ずっと昔,シビル シェパードが主役だったテレビドラマ「シビル」(95−98)でビバリーヒルズのリッチな女性を華麗に,意地悪く怪演してお茶の間の人気者に。映画でもテレビでも魅力的な悪人/悪女を演じると主役のすました美男美女よりずっと注目を集めると言う掟があって,それ故に演技に自信がある俳優たちは,悪役で勝負するのです。

クリステインは子供の時から頭が良くて,19歳の時に名門ジュリアード学院に奨学金で入学,在学中も頭角を現し,最も勤勉にして,クラス外の仕事でも頑張ったと学習用の本やもろもろの費用にとボーナスをもらいます。ちゃっかりこれを使って彼女は2ヶ月間ヨーロッパを回っての現地実践レッスンに当てて,ここでますますヨーロッパのシックなセンスを身に付けたのでした。
テレビと舞台が主ですが,ミュージカル「シカゴ」(02)やメリル ストリープ主演の「マンマ ミーア」(08)で,半分しろうとのキャスト,アマンダ サイフレッド,ピアーズ ブロスナン,コリン ファースらとは基本が違うプロのダンスを歌と鮮やかな動きを見せてくれてます。

現在はテレビ番組「グッド ワイフ」と言う女弁護士のドラマに法律事務所の女ボスの役で,豪華なドレスを着こなして,てきぱきと命令を下す格好の役を熱演中。

「絶え間ない努力は若さのみなもと。それなりの年になったら、頑張りすぎず、でもあきらめないで体を動かして,リズムを生活に取り入れましょう。綺麗なものを画廊や美術館で眺めるのも美容のひとつ。インテリアをたまに変えるのも
心の躍動につながりますよ」
と61歳のクリステインはきびきびとした口調で説くのでした。お手本にしたいとびきり上等の知性とスタイルを持った女優です。
2012 「GOOD WIFE」

No comments:

Post a Comment