YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, June 30, 2015

MUNICH JUNE 28 & 29 2015

MUNICH  JUNE 28 & 29  2015

天高く,緑濃く,ビールうましのミュンヘン。時差もかなり直り,映画祭の薦める作品を見たり,買い物をしたり,イベントに出たりの毎日です。
28日はフランス映画「フランス コネクション」(15)を見ました。「アーテイスト」(11)のジャン デユ ジャーダンがマルセーユの検事を演じる,とびきり面白い映画です。「フレンチ コネクション」(71)のフランスから見た事件のドラマでのジーン ハックマンと共通の捜査に憑かれた男を激演して,手に汗握るスリルが味わえました。
余りにお天気がよかったので近くの公園のビアガーデンでビールとレバーワーストとパンとフレンチフライ。緑の色が砂漠のロスや雨の国,日本とも違って,深い鮮やかさが実際に目に沁みる程です。何と言っても日曜日,誰もが2時間余りはベンチに座って,ゆっくりとビールを飲み,おしゃべりをしていて,その光景を見ているだけで心がほぐれてきました。
29日月曜日。ドイツ映画「ファミリー フェスト」(15)鑑賞。名ピアニスト,しかし父親としては独裁者の70歳の誕生日に息子3人が集まります。難病のがんで今にも死にそうな長男,借金に喘ぐ次男,ゲイの恋人を連れて来た三男がそれぞれ湖の麓の豪邸で繰り広げる家族ドラマは、演技力とリアルな背景で,ともすればメロドラマのストーリーを力強く見せて行きます。

夜は映画祭主催のイベントのひとつ、アンデイー ウオーホールを語る、と言う会見に出た友人のドイツ人監督,ウリ ロメル ( Ulli  Lommel )に会いに行きました。ドイツ語なので余り分かりませんでしたがウオーホールが無口で何でもブリリアント(素晴らしい)と答える事,「コカイン カウボーイ」に主演したジャック バランスのクレイジーな行動,アメリカでは誰もが法外な額のお金ばかり要求する事、ジャッキー オナシスの想い出,等などを早口で1時間以上話してました。
いつもはエレガントでシックな服装のウリがぎんぎらのカウボーイシャツにメキシコ産麦わら帽子で現れたのには仰天。

夕食は有名なイサ川のほとりのレストランでまたまた、シュワインハクセとウインナー シュニッツエルとビールと言うバヴァリア名物料理を美味しく頂きました。
29日名物のサクランボやイチゴのスタンド


サクランボを1キロも買ってそのあとお腹が変になった人

29日ウリ ロメル 大いにしゃべる。

29日映画祭のゲート
28日 ミュンヘンの裁判所
28日ネプチューン像と噴水の前
28日 公園
28日公園のツタ
28日公園のビアホールで乾杯
28日 公園で乾杯

29日夕食 毎度違う地元のラベルのビール,後ろに今夜の特別料理,シュワインハクセと見えます。




No comments:

Post a Comment