YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, January 17, 2016

ALAN RICKMAN R.I.P.

ALAN    RICKMAN   R.I.P.


大好きなアラン リックマンが1月14日ロンドンで家族に見守られながら亡くなりました。69歳、膵臓癌だったそうです。
10日に亡くなったデヴィッド ボウイーも同い年、やはり不治のガンと言われる肝臓癌で、二人とも自分の病を伏せていたこと、など最後まで格調を重んじるエレガントな人たちでした。

ところで英語でR.I.P.と故人の後に付け加えてある言葉はRest In Peace 、安らかにお眠りください、という意味です。

最近のファンは「ハリーポッター」シリーズのスナイプ教授が大好きなようですが、古つわものの私は「ダイ ハード」(88)の颯爽たる悪漢役、ケヴィン コスナーを完璧なまでに食っている「ロビン フッド」(91)の極上のノッテイングヒルの代官役、「ラブ アクチュアリー」(03)での浮気亭主役、などなど、悪者にシアトリカルな味を添えて、場面盗みの曲者の魅力が好きでした。
初めて会ったのがいつだかはっきり思い出せませんが、  (多分91年の「ロビン フッド」だったでしょう)実は独特な距離感を持つ、美意識の高い俳優だったこと、長い間独身を続けていたこと、などからもしかしたらゲイかもなどと勝手に思ってました。長い間の交際相手のリマ ホートンとつい最近の2012年に静かに結婚したそうです。
英国劇場界出身の俳優の性的嗜好など魑魅魍魎で、どうでも良いことですが、あの高踏的な姿勢で、女性を敬遠しているように見えたました。

バリトンながら、それを抑えて話すためにビロードのように柔らかい声、大勢の役者が真似をしたがる、スタカートのシャープな切り口の話し方、すべての言葉をはっきりと品の良い発音で話す俳優をしての最高の語り口、そしてそのドラマテイックな口調を盛り上げる表情の豊かさ、長身に瘦せ型、長い顔、すべてがスクリーンに、劇場に映える存在でした。

先日インタヴューしたジュリエット ステイーヴンソンと共演した「愛しい人が眠るまで」(原題、Truly Madly Deeply )(90)のアランのロマンテイックにして悪っぽい魅力は相当なものです。
97年に監督挑戦した「ウインター ゲスト」では、エマ トンプソンと彼女の実母のフィリス ロウの静かな演技が堪能できます。

つい2014年に再び監督し今回は「他の俳優を雇うより安いから」とフランスのルイ14世の役まで演じている「ヴェルサイユ宮廷の庭師」(原題はもっとウイッテイーで「A Little Chaos」小さな混乱、というものです)をあいにくながらまだ見ていないのですが、大好きなマテウス ショーネハーツが出ているので是非見ないと。
まもなく公開される「アイ イン ザ スカイ」(15)はヘレン ミレンが主演で大佐役、ケニヤのドローン部隊がテロリストを追うといった映画で、アランも軍人の役を演じています。亡くなった俳優の最後の映画を見るというのは、いつもとびきり寂しいものです。

1946年2月21日英国はロンドンに生まれ、グラフィック デザイナーとしてのキャリアをすでに歩んでいたものの、突然演技欲が湧き、26歳で王立演劇アカデミーに入門、そこから数多くの舞台劇で名演技を見せています。

1月16日付のロスアンジェルス タイムスに演劇評論家のチャールズ マクナルテイーがアランの崇高な技術を見せた舞台劇の数々の思い出を寄稿しています。
98年にヘレン ミレンと共演した「アンソニーとクレオパトラ」、「危険な関係」、そしてノエル カワードの一般には単なる皮肉たっぷりな会話劇「プライベート ライヴス」でリンゼー ダンカンと共演して見せた、心臓が張り裂けそうな演技力の深さ、エリオット チェイス役をミュージカルのような華やかな味付けで見せた豪華な舞台の極上のテクニックなどと筆力豊かに書いています。この評論家にとって、リックマンは「ダイハード」や「ハリポタ」のカラフルな悪漢ではなく、ノエル カワードの劇を珠玉の域に運んだオリンピック チャンピオン、と結んでいます。

2011「ハリーポッターハリーポッターと死の秘宝」

1996 テレビ映画「ラスプーチン」 イアン まっケレン(右)と。

1991「ロビン フッド」

No comments:

Post a Comment