YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, January 6, 2016

AZIZ ANSARI

AZIZ   ANSARI

インド系の喜劇役者、アジズ アンサリ がゴールデングローブ賞のテレビシリーズ喜劇部門で主演男優賞にノミネートされました。
日本ではまずおなじみではないアジズですが、アメリカでは何かとインド人のギャグを多用して、落ちこぼれヤングを巧みに演じるコメデイーで人気があります。
自分で脚本を書き(パートナーもいますが)主演しているテレビ喜劇「マスター オブ ナン」MASTER OF NONE(15−)では30歳の全く売れない俳優と言う、ほとんどの自分の体験を自虐的に、オモシロ おかしく描いて、
例えばオーデイションで「もっとインド人らしく!「ガンデイー」は英国人のベン キングズリーが演じてオスカー賞まで獲ったのですから、そのぐらいできなくて何が俳優ですか!」
などと怒鳴られたりのエピソードが生々しく、マイナリテイーで、妙なアクセントで話し、頭脳がとびきり秀でているというインド人の典型的トレードマークもしっかり出してます。

1983年2月23日 サウスキャロライナ州のコロンビアにインドはタミ ナデユー (Tami Nadu )出身の胃腸専科の医者の父と医薬オフィスに勤める母のもとに生まれ、小さいことから人を笑わせてばかりいたそうですが、勉学を重んじるインドの家庭に育ったため、しっかりと大学では経営学を専攻、しかし結局は自分が進みたい道、スタンダップコメデイアンを選びます。

168センチの小柄な体にハイピッチの声での舞台は大いに受け、映画やテレビでの役が回ってきますが、皿洗いやタクシーの運転手といった役ばかりでした。それも後に彼のギャグの材料になっていますから良い経験だったと謙虚に話しています。
初めて会ったのはジェシー アイゼンバーグがピザ屋のデリバリーマンを演じた「ピザ ボーイ」(11)でした。何もしなくてもおかしいといった雰囲気を持つ、愉快な若手で、ともすれば才気走るジェシーともったりとはぐらかすアジズのコンビが効果的でした。

現在有名なインド人のスターを考えるとまず「スラムドッグ ミリオネアー」(08)のデヴ パテル とフリーダ ピント ぐらいしか思いつきません。オム プリ(「イースト イズ イースト」(99)の父親役)が最も有名でしょうか。世界で映画製作数が一番のインドですが、ハリウッドではまだまだマイナリテイーなのですね。

「僕が小さい時のテレビシリーズにインド人が出ていて、なんとなく憧れていたんでよ。それでずーっと後になってインターネットで検索したら、なんと白人の俳優が毎日顔にダークなインド人色を塗ったくって出ていたんだ!」
と言う程にインド人が希少なのです。

「マスター オブ ナン」は目下ハリウッドで巨大な注目を浴びている、元DVD配給ビジネスのネットフリックス (Netflix)が製作していて、新しいアイデアの企画をどんどん映画にしたりテレビドラマとして放映しています。
アマゾンも参入して、エンターテイメントの業界のバランスがこれからグーンと変わっていくことでしょう。
2011「ピザ ボーイ」



2015「マスター オブ ナン」ノエル ウエルズと。




2011「ピザ ボーイ」主演のジェシー アイゼンバーグと。

No comments:

Post a Comment