YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。古いページは、スターの名前を英語で左上で検索すると出てくるはずです。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, April 6, 2018

JUSTIN BIEBER 2018

JUSTIN  BIEBER   2018

ジャステイン ビーバーは1994年3月1日カナダのロンドンに生まれて、数日前に24歳になったばかり。
生意気で、強がりのテイーンエイジャーとしてのイメージが強くて、未だにテイーンのような印象を受けますが、既に 20代の半ばにさしかかったいるとは!
初めて会ったのは2011年の「ネヴァー セイ ネヴァー」という彼の歌と踊りが主の映画でした。会見に現れたジャステインは小柄で、顔も小さく、なんとも頼りない少年のようで、このホテルに実はジョニー デップもいると聞くと
「わー、僕ジョニーの大ファンなんだ。ジョニーに会いたいよう!どこにいるんだろう?ジョニー、どこにいるんだよう!」
と大変な騒ぎで何ともガキぽかったのでした。

両親はともにテイーンエイジャーでジャステインが生まれても結婚せず、一人っ子のジャステインはキリスト教信者の若い母親に育てられたとか。小さい時からピアノ、ドラム、ギター、トランペットなどの楽器を練習して、12歳で音楽コンテストに出場して上位を占めたそう。

持ち前のパーフォーマンス好きが効果を上げて、ユーチューブのヴィデオに乗せたところ瞬く間にテイーンのアイドルにのし上がります。
2008年にはレコード会社と契約、翌年「EP、マイ ワールド」をリリース、すぐにアメリカでプラテイナ レコードとなり、ビルボード誌のホット100に選ばれました。

2010年にジャステインはセレナ ゴメスと交際を始め、若くて、キュートなカップルはタブロイド雑誌の格好のターゲットとなって、今までに何度か別れたり、くっついたりの試行錯誤のロマンスを展開中。

今までに7本の映画に出ていますが、ほとんどがジャステイン ビーバー自身としての登場です。

最近すでにタトウーが施してある体にさらに細かい芸術的な模様を加えて、全身タトウーにした様子で、かなりご自慢の様子。
「僕の世界は楽しいことだらけ。親もルールも何にも規制することがなくて、誰も僕を止められない。そういう生き方が僕のやり方だ」

と言った独断的なコメントを投げますが、これも一時期の気分、気まぐれで言っているのでしょう。
暴言を吐いたり、気ままな行動をとってはネットで批判されてますが、これらは芸能界で目立つためのパーフォーマンスの1部で、実際の当人は優しくて、よく気を使うプロなのです。

最近はタトウに凝って、延べ100時間かけて、今までのタトウに加えて、全身に近い面積のタトウを名人に掘ってもらったそうで、ネットに嬉しそうに自分の半裸の写真を載せているのも目立ちたがり屋小僧の彼らしいと言えましょう。






2011「ネヴァー セイ ネヴァー」

最近のセリーナ ゴメス とのショット。




2016 「ズーランダー 2」ジョン M チュー と。

2011


タトウの変遷。

一番最近の前全身のタトウ。100時間!かかったそう。


No comments:

Post a Comment