YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, April 25, 2015

LINDSAY DUNCAN

LINDSAY    DUNCAN

英国のエレガントなベテラン女優,リンゼー ダンカンの名前を聞いた事がなくとも,彼女のルックスを見るとああ、あの映画に出ていた!と思い出すはず。
最近ではオスカー賞に輝いた「バードマン」(14)に、辛口の女性演劇評論家を演じて,主役のマイケル キートンがなじみのバーに行くと止まり木に坐って貫禄たっぷりに「あんたの芝居なんか,ひどいに決まっている。どうせアクションスターのとどのつまりなんだから!」などど言う辛辣な言葉を浴びせる役を楽しそうに演じてました。

1950年11月7日 スコットランドはエジンバラに生まれ、陸軍軍人の父のもとに引っ越しを重ねて,英国のリーズやバーミンガムで育ったせいでしょう,スコットランドのアクセントは無く,舞台用の英国の基本アクセントのレシーヴド プロナンシエーションを見事に話します。
奨学金で演劇学校に通ったそうですから,成績も演技力も優秀だったのでしょう。
1985年にロイヤル シェイクスピア カンパニーに入団,数々の舞台で活躍します。
「デンジャラス リエイゾンズ」(87)の舞台でアラン リックマンと共にロンドンの喝采を浴びたのですが,この映画化「危険な関係」(88)ではリンゼーの役はグレン クローズが,アランの役はジョン マルコビッチが演じました。
88年には,テネシー ウイリアムズの「熱いトタン屋根の猫」の主役を演じてまたまたロンドンの注目を浴びましたが,言うまでもなく58年の映画版ではエリザベス テイラーがセクシーな女主人公を演じています。

リンゼーに初めて会ったのは「ロングフォード」(06)と言うテレビ映画で,ジム ブロードベンドがロングフォード卿と言う,囚人を救う使命に燃えるエキセントリックな貴族を演じ,彼女がその夫人,アンデイー サーキスがイアン ブレイデイーと言う殺人犯を演じた時でした。当時56歳のリンゼーはつややかな肌の楚々とした美女でしたが、内面の強さが感じられました。
09年には英国首相のマーガレット サッチャーを「サッチャー」と言うテレビ映画でメリル ストリープより前に演じています。
2010年のジョニー デップ主演の「アリス イン ワンダーランド」ではアリスの母親を演じていますし,13年には再びブロードベンドと組んで「ル ウイークエンド」と言う映画に出たり,テレビ映画「オナラブル ウーマン」(14)ではステイーヴン レイの妻役(ふたりともロンドンのスパイ)を美しくも,タフに演じたりと舞台と映画の両方で活躍しています。

2009年にはコマンダー オブ ブリテイッシュ エンパイアー(CBE)の勲章を英国女王から授けられ,舞台のオスカー賞のオリヴィエ賞を2回,トニー賞を1回受賞、
同じスコットランド出身の俳優,ヒルトン マクレーと結婚して息子が一人居ます。
映画ではエレガントな貴族や女性の重役と行った役が多いいのですが労働階級の出身で、ノーナンセンス、愉快なウイットを連発する,頼もしいベテラン女優です。

2014「オナラブル ウーマン」のスパイの上司役

2006 「ロングフォード」左からジム ブロードベント,リンゼー ダンカン




,アンデイー サーキス


No comments:

Post a Comment