YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Saturday, August 9, 2014

AMY BRENNEMAN

AMY  BRENNEMAN


エミー ブレネマンに初めて会ったのは1993年から始まった当時革新的な警官の生の姿を描いた(そしてセックスやシャワーのシーンなどのヌード場面でも評判になりました)「NYPD ブルース」でタフで,勇敢な婦人警官を熱演した時。この番組で大スターになったデイヴィッド カルーソと恋をして,熱いベッドシーンをテレビで見せ,ストーリーも複雑だった事などで、大いに人気が盛り上がってました。

1964年6月22日にコネテイカット州のハートフォードに環境保護の弁護士の父親と州で2番目に女性で最高裁の判事となった母親と言う法律一家に育ち,勉強もスポーツも優秀だったエイミーは両親に続いて,ハーバード大に入学、ここでは比較宗教学を専攻,1学期休んでインドやネパール,パリなどに行って知識を広げたりとエリートコースを歩んだのです。小さい時から劇に出るのが好きだった彼女は同じアイヴィーリーグのイエール大の演劇活動に参加。ここから舞台に出るようになり,さらにテレビと言うコースをたどったのでした。
売れない時代にテレビのタンパックスのコマーシャルに出たのが彼女の自己虐待ジョークのネタになっていますが,タンパックスというと昔スポーツの取材でフロリダ州のタンパに行った時,同行の馬鹿な事ばかり言って,評判の記者(今は有名な司会者・アナウンサー)が「タンパックスって,タンパで取れるからそう呼ぶんだよね!」と言っていたのを思い出します。その時は冗談なのか,本当に無知だったのか,計りかねますが。

自分の母親をモデルにしたテレビドラマを制作,脚本,主演したのが「ジャッジング エイミー」(99−2005)で,エミーの輝くような知性と学歴が効果を上げ、女性の法律キャリアと家庭の葛藤などを現実的に描いて、働く女性の励みのシリーズとなったのです。
95年に監督のブラッド シベーリングと結婚,ふたりの間には娘と息子が生まれ,今も安定した家庭を営んでいる様子。
テレビの新シリーズ「ザ レフトオーヴァーズ」(14)で再び 逞しく,インテリの女性を熱演中。50歳になっても全く歳など考えないとマイペースで歩いているようです。
社会運動にも積極的に参加して,銃使用制限,自閉症の子供たちを助ける運動などのオピニオン リーダーとなっています。



2014「ザ レフトオーヴァーズ」


2014 THE LEFTOVERS   Justin Theroux

1993  ORIGINAL CASTS DAVID CARUSO ( left ) AMY BRENNEMAN ( right side)

No comments:

Post a Comment