YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, August 29, 2014

GUY PEARCE #2

GUY   PEARCE  #2

メル ギブソン、ラッセル クロウ,ヒュー ジャックマン、エリック バーナ,クリスとリーアム ヘムズワース兄弟,サム ニール、サム ワーシントン,ジェフリー ラッシュ,ジョエル エジャートン,故ヒース レッジャー,ヒューゴー ウイーヴィング、とざっと見渡してもオーストラリア生まれなり,育ちの俳優のほとんど全員がアクシヨン俳優の活躍をしています。もちろん演技力でドラマもこなしてますが共通点は体力に勝っている点。英国派の頼りない,繊細派とはかなり異なるマッチョマンのイメージが強いこと。

ガイ ピアースは中でも最も毅然として,安っぽい売り込みなどしない,地道で,渋い,頼りになるストロングマンでしょう。苦み走ったルックスに骨っぽいスリムな肉体,頭脳は一流でもまともな教育は受けてない,頑固そうで、ストリート知識で生き抜くタイプ。

新作「ザ ローヴァー」(14)は中でもガイの強みを100パーセント放出の人間の野生本能を剥き出しにした映画です。オーストラリアの荒涼とした田舎で,ロバート パッテインソン(英国の若手,「トワイライト」のスター)を相手に,男一匹のサヴァイヴァルを鋭く描いた野心作で,ガイは制作にも参加して,張り切っています。今までは貴公子然とした白塗りのパッテインソンがここでは頭が弱い,しかし同情をせざるを得ない,難しい役どころを上手に,(そして嬉しそうに)演じています。

 1967年10月5日 英国のエリーに生まれ,3歳でオーストラリアに移住。10代のときからボデイー ビルと演技に夢中になり,オーストラリアのテレビシリーズ「ネイバーズ」でスターの座に。初期のころの傑作は何と言ってもテレンス スタンプと共演した女装のどさ回り劇団を描いた「プリシラ」(94)でしょう。顔が小さく,体が細いので女装が最も美しく映えています。「L。A。コンフィデンシアル」(97)では迫力でラッセル クロウに負けてますがそれでもしっかり良い味を見せ,この時スタジオがオーストラリア人を二人もメジャーの役に起用するのを嫌がった時,ガイは,真面目な顔で「知らないのかい?事実上では,ラッセルはニユージーランド人だし,僕は英国人なのだから!」とコメントして居ます。今だにわたくしには判然としていない謎のお話「メメント」(00)の独り熱演で世界的に有名になりました。
この頃の会見では,無口で,自分のことを話したがらず,映画の僕を見て判断してくれ給え、と言う毅然とした姿勢が素敵でした。
最近はさらに人嫌いと言うのか,自分のことをぺらぺらしゃべるなんてみっともない、と言う感じで会見には義務感で出席するものの,ほとんどしゃべりません。プライベートの家族のことなどを聞こうものなら,凍り付いたようにノーコメントで押し通します。
まもなく「イコールズ」(15)と言う未来映画で,クリステイン スチュアート (例のロバート パッテインソンの「トワイライト」の恋人役)とニコラス ホールトと言うふたりの青春スターと共演,その次は「ザ チェス マシーン」(15)と言う映画で小人のスター,ピーター デインクリッジと共演するそうで、17世紀の実話をもとにしたドラマだそうです。どれも主役ではないものの,いぶし銀に光る脇役を選ぶあたりがガイの憎いところではありませんか。
201 THE ROVER  with  Robert Pattinson
2010  ANIMAL KINGDOM
2014「ザ ローヴァー」





No comments:

Post a Comment