YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, December 25, 2014

DOLLY PARTON

DOLLY   PARTON

メリー クリスマス! アメリカではまだ今日は12月25日です。クリスマス イヴにはドリー パートンのクリスマスソングをかけました。いつもはオーソドックスにビング クロスビーとかアンデイー ウイリアムスなどを聴きますが今年は娘のリクエストでした。
ドリーに初めて会ったのは「マグノリアの花たち」(89)に出演した時でした。シャーリー マックレーンやサリー フィールドが共演したいわゆる女性映画です。150センチ以下の小柄な体に舞台に出るようなメークと髪はさすがで、こちらのテンションが上がると、あの高い声で,「大女優と一緒に演技をするのは,どうしても見とれてしまうし、冷や汗のかきっぱなしだったわー!」などとユーモラスに想い出を話して,緊張を解く独特の才能もあるのです。
映画デビューは,ジェーン フォンダ主演の「ナイン トウー ファイヴ」(80)です。この映画の題名曲を作曲してオスカー賞の候補になりました。

1946年1月19日に12人姉弟のひとりとして生まれ、テネシー州のロコスト リッジと言う寒村の極貧の寝室がひとつしかない農家に育ち,12歳から歌で生計を立てて来た,例を見ない才能と根性と不屈の精神は有名です。


蝶々が彼女のシンボルで「美しさと飛躍」が好きなのだそう。
「私は音楽を通して山のような幸運を味わいました。私の大きな愛の対象です。いつまでも音楽を創り続けます」
ときりりと言いますが同時に,自己軽視のユーモアも豊かに持っています。
「巨大な髪もメークもドリーのイメージを保つため。胸は昔からすごく大きかったけれど、そのために垂れ下がっているから,努力して持ち上げたり、叩いたり、突っついたり、整形もたくさんしているし、カントリーの安っぽさを見せる為に巨大な維持費をかけているのですよ!」

「ストレート トーク」(92)と言う映画に出た時の経験が余りに惨めだった為にもう映画はたくさん!と宣言。以後はテレビにしか出演していません。
自分の道を自分で歩んで築き上げて来たエンターテイナーのスピリットをこのクリスマスの季節にどうぞ。
1989「マグノリアの花たち」



No comments:

Post a Comment