YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Friday, March 25, 2016

BEN AFFLECK 2016

BEN  AFFLECK   2016
With Henry Cavill( Superman )


日米同時公開と騒がれている「バットマン 対 スーパーマン」(16)でバットマンを演じたベン アフレック。役が決まった途端に、反対の声が大きく上がったり、最近は妻のジェニファー ガーナーと別れたり、いろいろとネガテイヴな出来事が起こっているために、会見に現れたベンはどことなく疲れ気味でしたが、そこは人の良さが身上の彼ですから、ユーモアを込めて質問に答えていました。

生真面目で、体も角ばっているスーパーマン役の英国俳優ヘンリー カヴィルの正反対のお気楽で、顔も体も順応性が高そうな典型的アメリカンのベンとのコントラストが会見でもよく現れていて、どちらもそれなりの男性的魅力があります。
監督のザック スナイダーは、バットマン役には何よりも身長が高い俳優が欲しかった、見上げるような大男の逞しさが良いと言って、大男とは程遠いものの、背は高いベンが配役されて満足した様子でした。身長さえあれば、あのバットスーツを着ると誰でも逞しい大男になりますし。

1997年の「グッド ウイル ハンテイング」からよく知っているベンだけに、親戚の甥っ子のような気分で接しています。オスカー授賞式の夜のトーク番組で、その夜の主演賞候補だったマット デーモンを抱っこして、お腹にくくりつけた袋に入れて、コアラベアの親子のように登場したのには大笑いしました、と言っている私たちの会話のシーンをご覧ください。ベンもマットも授賞式からのタキシード姿のままで、二人とも大汗かいて、その姿が昔からの親友同士の慣れ親しんできた様子をよく見せてました。

「ライフ イズ グーッド!後悔などしないよ」(人生は楽しい)と繰り返すベンのポジテイブなエネルギーが感じられ、デビューした頃の三白眼がちの目が、黒目が大きくなったのか、まぶたが垂れて白眼の面積が狭まったのか、ずっと落ち着いた目になって、ベテランの余裕も感じられたのです。

1972年8月15日にカリフォルニア州の大学街、バークレーに生まれていますが、育ったのはボストンで、ここでマットと知り合ったのでした。
ちょっと照れ屋のマットと違って、ベンはお気楽でスキンシップが大好き、昔のツーショットの中にはガシッと抱き合っていたり、おふざけの写真も数枚あるのですが、残念、今は見つかりません。
2012  ARGO


2007  GONE BABY

2002 CHANGING LANE この頃はかなりベタッと貼りついていました。







2016    BATMAN  V  SUPERMAN


バットマンとバットモービル

No comments:

Post a Comment