YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴューしてもう38年!!   ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。古いページは、スターの名前を英語で左上で検索すると出てくるはずです。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, November 15, 2017

HOLLYWOOD PARTIES #1 NETFLIX

HOLLYWOOD PARTIES #1  NETFLIX 

11月の声を聞くとハリウッドの早めのホリデー パーテイーがスタートします。
クリスマス という言葉は特にユダヤ人が多いハリウッドでは使わず、すべての宗教に順応する「ホリデー」という言葉を使いますが、デコレーションは星や天使というおなじみのものになります。

まず今や新規のスタジオの巨人となりつつあるネットフリックスのパーテイーは、社長(最近は社長という言葉が廃れて、CEO などという略語が使われますが)のテッド サランドスのお屋敷で行われました。去年も同様で、テッドの自宅でしたので、わーっという反応は薄れています。
彼の夫人は米国人のバハマ大使だったために、アンバサダーというタイトルを永久に持っています。

ネットフリックスの映画に出演しているスターたちが大勢現れました。
まずはアンジェリーナ ジョリーが華麗に登場、すでに大勢の人に囲まれていましたが、私が近寄って、ちょっと躊躇してからその場を去ろうとすると手を伸ばして、引き寄せて抱きしめてくれました。スターならではの仕草で、さすが感性の豊かなアンジェリーナです。
周りにはダステイン ホフマン、ヴィンス ヴォーン、などなど。
実はスターの登場にあまり注意を払ってなかったので、全部の名前を挙げられませんが、そこらじゅうにいたのは確かです。
ここでのフォトブースは凝っていて、昔の油絵の額の中に鎮座しているような写真に仕立て上げてくれて、早速わたくしはネットフリックスに働くキャサリンと一緒に撮って、そのあとハンスを行きました。
構図は素敵ですが、写真自体が小さいのと暗いのでそれほどわーっという程のものではないなとちょっとがっかり。

ドリンクはいろいろ備わっていますが、食べ物はいつものようにウェイターがお皿に乗せて運んでくる「カナッペ」やら「オードヴル」それから、最近のパーテイーには欠かせない「ミニバーガー」です。空腹で飛び込んでくるお客様には好評なのです。
ずっと立っていると老体は疲れてくるので大きなソファを見つけてそこで座ったまま私たちはパーテイー会場を駆け回る人々を眺めていました。




ネットフリックスのパーテイー会場。


サランドス邸で、目に悪いブルーレイをカットするという黄色いメガネを初使用。
パーテイー会場はおしなべて薄暗いのです。

ネットフリックスのブリッタニーと。

フォトブース、こういう仕上がりになります。小道具の帽子やパイプは貸してくれるのです。
キャサリンと。小道具の中から選んで私は茶色の帽子をかぶっているのですが、              ヘヤーピースみたいに見えます。







 ニコール アヴァント 夫人。(アンバサダー)
トッド サランドス 氏。

No comments:

Post a Comment