YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Wednesday, January 14, 2015

KEVIN SPACEY 2015

KEVIN  SPACEY  2015
2015 1 11  AT GOLDEN GLOBES  with Kate Mara



2015 ゴールデングローブ賞見事受賞!





突然「ケヴィン スペイシーだが」と言う声が電話の向こうでしました。自信と確信に溢れた紛うこと無い演技硬派のケヴィンの声です。昨年の暮れのある朝でした。
「ヨーコか?」
「はい」
「先日のインタヴューで,どうも僕の態度が尊大だったと言う人がいてね。そのつもりは全然なかったと説明したくて電話をかけているんだ。仕事の邪魔をしていないかね?」
「いえ、いえ」
「撮影の合間だったから,落ち着かなくて,急いでいたこと,セリフを覚えることなどで,つい役の上の態度が出て来たのかもしれない。そう言う印象を与えたとしたら,今,謝りたい。失礼した」
「いえ、いえ。プレスカンファレンスの態度で,演技力を評価したりしませんから。それに仕事を見事にすることがもっとも雄弁なアピールではないですか」
「おお,良いことを言ってくれるね。ありがとう、ありがとう」
「どーいたしまして」
「忙しいところ、邪魔をした。ではよろしく!」
てな会話をして,しばしわたくしは茫然。
新人ならまだしも,オスカー2回受賞のベテラン俳優のケヴィン スペイシーが自分のイメージや態度が我らの投票に影響するのではないかとを心配している!ことにです。
結局ケヴィンはこの選挙運動を直ぐに止めたそうで,わたくしは数少ない電話を受けたメンバーだったと判明。

実は彼はゴールデングローブに8回も候補となったもののまだ1度も受賞してないのでした。
そして授賞式では、自ら制作にも参加している政治ドラマ「ハウス オブ カーズ」(HOUSE  OF  CARDS )の主演俳優として見事に受賞したのです。そしてこの賞を鬼才監督のスタンリー クレイマー(1913−2001)に捧げると熱弁をふるってのスピーチをしました。
さてさてめでたし、めでたしでありました。

No comments:

Post a Comment