YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Tuesday, January 27, 2015

OSCAR ISAAC 2015

OSCAR    ISAAC    2015

2014年はオスカー アイザックの躍進の年。2015年はスターメイキングの年になりそうです。
コーエン兄弟が監督した「インサイド ルーウイン デイヴィス」(13)で頑固で、売れないミュージシャンの主役に抜擢されて、その確固たる演技力、ギターと歌の才能に加えて、ラテン男の士気とグッドルックスが注目されて、若手俳優の中でもベストのひとりと言われてました。

そして2014年は、まず「ツー フェイセス オブ ジャヌアリー」と言うスリラーでヴィーゴー モーテンセンとキルステンン ダンストと共演。ギリシャを舞台に、オスカーはハーヴァード大出のガイド,謎の金持ちがヴィーゴー、その若い妻役にキルステンと言う面白い配役でした。映画としては余り上出来ではありませんでしたが。原作はわたくしの大大好きなミステリー作家のパトリシア ハイスミスなのです。
もう少しのところでオスカー候補になったかもしれないのが「ア モスト ヴァイオレント イアー」でした。ニユーヨークの1981年、史上もっとも殺人事件が多かった年だそうで、オスカーは強靭な意志を持つ起業家、妻はマフィアの親分の娘(ジェシカ チャステイン)、「セルマ」(14)でキング牧師を熱演した英国人黒人俳優,デイヴィッド オイエロウが検事の役、と演技派の顔ぶれが並び,監督はJ。C。チャンドアと言う鬼才シドニー ルメットの再来と注目されている新鋭です。
売れないミュージシャンの役からがらっと変わって、高級そうなキャメルのコートを着込み、ローレックスのような時計、完璧に仕立てられた背広にエレガントなタイ、とオスカーは「GQ」の表紙のようなハイクラスのスタイルで現れます。それがちょっと背伸びをして高級品を身につけると、彼の下で働く移民たちに羨ましがられ、成功してやろうという動機にもなるだろうと言う小道具にもなっています。

当初はスペインのハヴィエ バーデムがこの役を演じる筈が都合が悪くなり、ジェシカがジュリアードで同級生だったオスカーを薦めたそうで、ふたりの呼吸がぴったりで、かえって良い結果になったと思いました。バーデムでは貫禄がありすぎますから。
前にも紹介しましたがオスカーはキューバ人の父とガテマラ人の母親の間に1980年1月5日にガテマラで生まれましたが、育ったのはフロリダ州のマイアミです。本名はオスカー アイザック ヘルナンデスと凛々しいスペインの名前で、彼自身もラテン男のマッチョ精神と忠誠心と頑固さに溢れているようでした。何処か九州男児と似ていますね。

最初はロックバンドでボーカルとギターを手がけ、その次に演技熱に駆られ、名門ジュリアードアン学院で演劇を勉強、2002年に映画デビューを果たしています。

2015年には「スターウオーズ:エピソード7」、「モハビ」(マーク ワールバーグ主演)、とテレビシリーズ「ショウ ミー ア ヒーロー」と大規模なハリウッド映画から
低予算の独立映画にテレビまで、忙しく顔を出す予定。
バランスがあって、気骨が感じられる、頼もしいオスカーのこれからの活躍が楽しみです。
2013 「インサイド ルーウイン デイヴィス」




2013「インサイド ルーウイン デイヴィス」


2014「モスト ヴァイオレント イヤー」でデイヴィッド オイエロウと。


「モスト ヴァイオレント イヤー」でジェシカ チャステインと。

No comments:

Post a Comment