YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Sunday, April 8, 2012

GEORGE HAMILTON




1960年の「肉体の遺産」−凄いタイトル!ーを見て強烈にハンサムなジョージ
ハミルトンに そして同じファーストネームの ジョージ ペパードのより頼もしいいタイプの両方に憧れを持って30年。ちなみに原題は ”HOME FROM THE HILL" と言い父親がロバート ミチャム、母親がエリノア パーカー、ペパードが
妾腹の息子、ハミルトンは実の息子というMGMお得意のスパー メロドラマでそれはそれはスターパワーにあふれた娯楽大篇でした。

本場ハリウッドで本物のジョージ” 永遠の日焼けダンデイー” に会う事が出来て
そしておしゃべりがかなってこれぞ仕事冥利!

面白い事に娘も「ドラキュラ都へ行く」(79)をみてすっかり彼の美男ぶりと
コミカルな吸血鬼を好きになって母娘がこういう軽いハンサム タイプを好むのも
興味深いことです。原題は「ラブ アット ファースト バイト」(一目惚れのラブ アット ファースト サイト をもじっている)とずっとウィテイーなのですが。

フィリピンのイメルダ マルコス夫人とのロマンスも彼らしいし プレイボーイとしてたくさんの有名女性と浮き名を流したのも彼ならではの絵になっていたし。

さてハミルトンに会ったのは「ドク ハリウッド」(91)の時で51歳にして
変わらずのスターオーラが凄く スリムな体も日焼けも全てがスタイリッシュ。
注目されるのが彼の美意識を刺激するに違いない自意識も豊かにして もう自然体のスターぶりでした。
1991年頃


ジョージ ペパードは亡くなりましたがこちらのジョージはまだまだ現役で
先週メンフィスに行った時 ワンマンショウを舞台でしていました。
そう彼は1939年にメンフィスで生まれたのでホームタウンでの上演だったのですね.レネー ゼルウェガーが彼と母親のおかしな生活を描いた半自伝ドラマ
にでいましたっけ。


No comments:

Post a Comment