YOKO NARITA'S HOLLYWOOD

ハリウッドのスターをインタヴユーして37年!!     ツーショットと来たらどっさり ざくざく。最近は映画の記事も減ってきて発表してないお宝が貯まる一方。貯金は減る一方ですが、ともかく つたないブロッグ で全く為にならないお話と とっておきの古い写真とか新しいものも載せていきたいと思ってます。
ご連絡は  kazeto77yoko@gmail.com
まで。よろしく!

Thursday, April 5, 2012

MICK JAGGER




1943年7月26日に生まれたミック ジャガーは4歳の時にキース リチャードに会ったそうな.今年で69歳!

「フリー ジャック」(1992)というアクシオン映画のセットで会ったときも
「ザ マン フロム エリージアン フィールド」(2001)というアンデイー
ガルシアと共演した映画(なんとミツクはご婦人方のエスコート ビジネスを経営している上に まだ時々現役という片腹痛い役どころ)ともう一つ 映画音楽を担当した時(何の映画だったか全く覚えてませーん)とたぶん合計3回 会ってますがいつも紅茶を注文するのです。

ロング ジョン ボールデイーの ”エヴリシング ストップス フォー テイー”
という面白い歌をごぞんじですか.英国人がどんなに忙しくても必ず紅茶を飲む習慣をおかしく歌ってていますが (私めの大好きな曲のひとつ)
ミックもとてもていねいに紅茶のカップを取り上げて美味しそうにたしなんで
何かシックで格調が漂ってました。

“表紙に載るのだったらページ17でナニを書かれようとも構わない” と言う自己
宣伝をウィテイーに表現するところがまた憎い。

モーツアルトのドラマ「アマデウス」(84)のサリエリ役にオーデイシオンしたものの落ちてしまい あの F.マレー アブラハムがオスカー賞を穫ったのでした.かなり真剣に俳優を志しているのです。

「ネッド ケリー」(1970)という映画ではオーストラアリアの有名な暴れん坊を主演、ミックのキャラクターを良く活かした誰も見てない作品で
後に本物のオーストラリア人のヒース レジャーが2003年に同じ題の映画
に出て居ます.あの若くして急死した演技も人となりも素敵だったヒース レジャーです.今度ヒースの事を書かなくては!

2001年 
ともかくミック ジャガーはヒヨウヒョウとして 足を地につけてないような つかみ所のない楽しい人でした。

No comments:

Post a Comment